ダーウィンQ3 2022年モデル:デルタリンク


ダーウィンQ3デルタリンクが製作する、ハイエーススーパーロングをベース車にするバンコンキャンピングカー。

同社は他ビルダーのモデルの販売から、アドリアブランドの輸入販売、そしてオリジナルブランドD.V.D(デルタバンデザイン)のモデルを製作している。

D.V.Dブランドには以前は性格付けに応じていくつかのシリーズが存在したが、現在ではクルマ旅に適した充実装備のダーウィンシリーズのみとなっている。

ダーウィンシリーズにはワイドミドルをベース車にした「ダーウィンQ1」、スーパーロングでベンチシートを持つ「ダーウィンQ2」、対座ダイネットの「ダーウィンQ3」、多目的ルームを持つ「ダーウィンQ5」が選択できる。


(記事中の価格は全て税込です。また装備や仕様に関してはビルダーでカスタマイズ可能な場合もありますので、各ビルダーにお問い合わせください。)


概要

ハイエーススーパーロングをベース車にしたバンコンキャンピングカー。内外装のデザインへのこだわりが特徴だが、それだけではなくクルマ旅に対応できる充実した装備を持つ。また、2022年モデルでは家庭用エアコンが装備できるようになった。

2列目に3人掛け、3列目に2人掛けのマルチモードシートを配置し、最後部にはハイマウントダブルベッドを配置する。後部両側とリアゲートウインドウにはアクリル2重窓を標準装備し断熱施工も万全だ。

また、ギャレーには常設2口コンロや横開き式冷蔵庫を装備し、クルマ旅にも対応できる充実した装備としている。


アピールポイント

・洗練された内外装デザイン
・右側ウインドウにエクステンションウインドウを架装
・左側後部とリアゲートウインドウはアクリル2重窓を標準装備
・多目的ルームを廃した余裕あるレイアウト
・横置き冷蔵庫や常設コンロでクルマ旅に理想的な装備
・後部に常設ハイマウントダブルベッドを設置
・ベッド下の大きな収納スぺース
・豊富なオーバーヘッド収納
・家庭用エアコンを設置可能(OP)


ベース車とエクステリア

 ダーウィンQ3のエクステリア

ベース車はハイエーススーパーロング特装車。右側に前方まで伸びるエクステンションウインドウを架装するほか、左側後部とリアゲートの窓にもアクリル2重窓を架装している。多くの場合、左側後部の窓とリアゲートの窓のアクリル化はオプション、あるいは設定なしの場合が多いが、ダーウィンでは標準になっているのは断熱への徹底度がうかがえる。

また、ソーラーシステムはオプションになっているが、ソーラーパネルが乗る台座もスタイリッシュでボディデザインにうまくマッチしている。一目でダーウィンと分かるボディステッカーも標準装備だ。


インテリア

 ダーウィンQ3のインテリア

D.V.Dのモデルはインテリアにもこだわっており、洗練された室内になっている。家具の作りや各所の処理は丁寧に行われており、高級感もある。

 家具色とシート生地は選択できる

展示車はグレー系のシートとベージュ系の家具色を採用していたが、家具色は2種類、シート生地は4種類から選択できる。また照明は調光ができる間接照明を採用しており、夜も雰囲気のある室内になっている。


レイアウト

2列目に3人掛け、3列目に2人掛けのマルチモードシートを配置。左側にギャレー、後部にハイマウントダブルベッドを配置している。

このレイアウトの特徴は、多目的ルームをあえて排し、ベッドとダイネットスペースを最大化している点。トイファクトリーのバーデンがこのレイアウトの代表的な存在だ。

 7名が前向きに乗車できる

2列目シートを前向きにすると、7名が前向きに乗車できる。2列目と3列目の窓際の席が3点式シートベルト着用可能で、運転席、助手席と合わせて4名分の3点式シートベルトが用意されている。

また、就寝は後部のハイマウントダブルベッドに2名、ダイネットを展開するフロアベッドに2名で計4名となっている。二人旅で使用する場合は、ダイネットをベッド展開することなくすぐに就寝できる。


ダイネット

 5名でテーブルを囲むことができるダイネット

2列目3人掛けのマルチモードシートを後ろ向きにすると、5名程度でテーブルを囲めるダイネットになる。ダイネットサイドのアクリル2重窓は大きく、またエクステンションウインドウで少し出窓風になっている。

テーブルを取り外して3列目シートをフラットにすると、足を投げ出してリクライニングして寛ぐことができる。


ベッド

 上下段ベッドで大人4名が就寝できる

ベッドはダイネットを展開したダイネットベッドと、後部の常設ハイマウントダブルベッドの2か所がある。ダイネットベッドの大きさは1800x1200mm。家庭用ベッドではセミダブルの幅に相当する。

なお、長身のユーザーにはオプションマットが用意されており、これを追加すると身長方向は3050mmに拡張される。ただし1800mm以後は幅が1000mmになる。

 エクステンションウインドウで拡張された後部ベッド

ハイマウントダブルベッドの大きさは1800x1400mm。エクステンションウインドウを架装しているため、車幅方向に就寝できる。ただし、長身のユーザーには多少窮屈な場合があるので、実際に横になって確認すると良いだろう。


ギャレー

 常設2口コンロが装備されたギャレー

ダーウィンQ3のギャレーは豪華で、大きなシンクと常設2口コンロがビルトインされている。多くのバンコンでは(一部のキャブコンでさえも)常設コンロではなく、ポータブルカセットコンロが採用されており、使用する度にセットする必要がある。クルマ旅などでコンロを頻繁に使用するユーザーには大変ありがたい装備だ。

 最後部左側に収納される給排水タンク

各19Lの給排水タンクは、シンクの下ではなく、最後部左側に収納されている。リアゲートを開けると、車外から直接出し入れできるので、大変便利だ。

確かにギャレーから離れるので配管が長くなってしまうが、この位置に持ってきたことで、①ギャレーキャビネットに引き出し収納を設置でき、②冷蔵庫に車外から直接アクセスでき、③給排水タンクに車外から直接アクセスできるようになる。まさにユーザーの使い勝手を考えた設計になっている。

 ギャレーキャビネットの引き出し収納

給排水タンクが後部に移動したことにより、ギャレーキャビネットには引き出し収納が設置でき、カトラリーや食器の収納ができる。これも多くの他モデルでは実現できていない装備だ。


冷蔵庫/電子レンジ

 39L横開き式冷蔵庫が標準装備される

冷蔵庫は39L横開き式が標準装備されている。このレイアウトを採用する他モデルは多くが上開き式の冷蔵庫を採用している中で、ダーウィンQ3は特筆できる。

上開き式は冷凍と冷蔵が同時にできない。横開き式は独立した冷凍室を持つためこれが可能で、冷凍食品の保存や製氷と飲み物などの冷蔵が同時にできる。調理をすることが多いクルマ旅では特に重要な点だ。

さらにこの冷蔵庫はエントランスの近くに配置されており、車外から直接飲み物などを取り出すことができる。これも給排水タンクを最後部に移動した恩恵と言える。

 電子レンジも標準装備される

家庭用の100V仕様の電子レンジが標準装備される。特にクルマ旅で使用する場合は、冷凍食品の調理に重宝する。1500Wインバーターも標準装備されるので、外部電源のないところでも電子レンジを使うことができる。


多目的ルーム

ダーウィンQ3に多目的ルームは無いが、それがこのレイアウトの特徴となっている。多目的ルームが無い代わりに、ベッドとダイネットが無理なく配置されている。なお、子供がいる場合には、後部ベッド下にポータブルトイレを乗せておくと急な対応が可能だ。

ただし、クルマ旅ではやはり多目的ルームがあると便利だ。特に女性や子供は夜間に寒い車外に出て遠くのトイレに行くのは避けたい。この点については多目的ルームを持つダーウィンQ5も検討対象にすると良いだろう。


収納

 ダイネット両側にオーバーヘッド収納が設置される

ダーウィンQ3の収納は充実している。まず、オーバーヘッド収納がダイネット上、ギャレー上、ベッド両サイドに設置されており、大きな収納力がある。なお、オプションの家庭用エアコンを装備した場合は、ベッド右側のオーバーヘッド収納は無くなる。

 後部ベッド下の大きな収納スペース

次に、後部ベッド下が大きな収納スペースになり、キャンプ用具などを車外から積み込むことができる。ベッドボードを外せば、自転車など背の高い荷物も積むことができる。ベッド下に大きな収納スペースを取れるのは、ハイマウントダブルベッドのメリットだ。

 ベッド下左側の収納キャビネット

ベッド下の両側にはキャビネットがあるが、ここも独立した収納になっている。左側は2段になっており、それぞれ下に開く扉がある。欲を言えば、ここはジャバラのスライド扉であれば、外側に荷物があっても開けやすい。

なお、右側のキャビネットには電装系が収納されている。


空調

 家庭用セパレートクーラーをオプション設置

暖房はFFヒーターがオプションで用意されており、冷房は家庭用セパレートエアコンが、これもオプションで設置できる。マックスファンベンチレーターもオプションで用意されている。


テレビ/ナビ

10.2型のフリップダウンモニターがオプション設定されている。またナビもオプション設定されているが、好みのものも設置できるだろう。


電装系

 ベッド下右側のキャビネットに収納された電装系

標準では100Ahのディープサイクルバッテリーが2個と走行充電が装備される。エアコンを装備した場合は、できればリチウムイオンバッテリーを搭載したいが、残念ながらオプションリストには掲載されていない。

また、1500W正弦波インバーターは標準装備されるので、100Vの家電品をサブバッテリーで使用できる。外部100V電源入力と、これによるサブバッテリーの充電機能も標準装備される。

 200Wのソーラーシステムとスタイリッシュな台座(OP)

ソーラーシステムは200Wのものがオプションで装備できる。上の写真のようにスタイリッシュな台座も用意されている。


価格(2022年7月現在:千円台切り上げ:税込)

7月の東京キャンピングカーショーでは、ディーゼル4WD/6ATが展示され719万円となっていた。(同時期のガソリン2WD/6ATは641万円~)ただし、現在価格改定中で、新しい価格については未発表となっている。付けておきたい必需オプションはFFヒーター(242,000円)、マックスファン(107,800円)が挙げられる。

予算に余裕があれば、家庭用エアコン(495,000円)、200Wソーラーシステム(324,500円)は是非装備することをお勧めする。また、家庭用エアコンを装備する場合は、(オプション設定は無いが)200Ah程度のリチウムイオンバッテリーも装備したい。(価格はいずれも2022年7月時点)


他モデル

ハイエーススーパーロングをベース車にし、ダーウィンQ3と同様のレイアウトを持つモデルは以下のものが挙げられる。(価格は現時点でウェブサイトに載っているものでガソリン2WD/6AT)

アメリア:AtoZ(562万円~)
LBD200SL-R:ティピーアウトドアデザイン(614万円~)
オールインレジェンド:甲和オートサービス(756万円~)
ツェルトキリマ:東和モータース販売(666万円~)
バーデン:トイファクトリー(652万円~)
リークII:ナッツRV(568万円~)
ロードセレクトSL:カスタムセレクト(496万円~)

このうち、エアコンが装備できるのは、オールインレジェンド、ツェルトキリマ、バーデンで、オールインレジェンドには標準装備されているので上記価格に含まれている。。

また、横開き式冷蔵庫を持つのは、オールインレジェンドとロードセレクトSLがある。オールインレジェンドには常設コンロも装備されている。


まとめ
ダーウィンQ3は、このレイアウトを採用するモデルの中では極めて装備が充実しているモデルだ。エアコン搭載可能、後部全窓アクリル2重窓、常設2口ガスコンロや横開き式冷蔵庫、電子レンジを標準装備点は、特にクルマ旅に使うユーザーには大きなメリットと言えるし、これだけ充実した装備は他のモデルには無い。

ただ、リチウムイオンバッテリーがオプション設定されていないのが残念なところではある。下にバーデン、オールインレジェンドとの比較表を添付したので参考いただきたい。


関連記事

ダーウィンQ5

バーデン

ダーウィンQ2

     

モデル ダーウィンQ3 バーデン オールインレジェンド
ビルダー デルタリンク トイファクトリー 甲和オートサービス
ナンバー区分 8 8 8
乗車人数 7 7 6
前向き乗車人数 7 7 6
就寝人数 4 4 5
エクステリア      
ベース車 ハイエーススーパーロング特装 ハイエーススーパーロング特装 ハイエーススーパーロング
ルーフ架装 - - -
窓架装 ○(左右窓とリアゲート) ○(右窓)
OP(左窓とリアゲート)
○(左右窓とリアゲート)
レイアウト      
ダイネット形態 5名対座 5名対座 4名対座
マルチモードシート ○(2列目、3列目シート) ○(2列目、3列目シート) ○(2列目、3列目シート)
ベッド
ダイネット展開ベッド
後部ダブルベッド
ダイネット展開ベッド
後部ダブルベッド
ダイネット展開ベッド後部ダブルベッド
常設ベッド ○(後部ダブルベッド) ○(後部ダブルベッド) ○(後部ダブルベッド)
ダイネットベッドサイズ(mm) 1800x1200 1900x1200 1800x1200
後部ベッドサイズ(mm) 1800x1400 1800x1530 1800x1480
ギャレー      
コンロ ○(常設2口) ○(ポータブルカセット) ○(常設2口)
シンク
給水タンク ○(19L) ○(13L) ○(19L)
排水タンク ○(19L) ○(13L) ○(19L)
冷蔵庫/設置スペース ○(39L横開き)/○ ○(40L上開き)/○ ○(49L横開き)/○
電子レンジ/設置スペース ○/○ OP/OP ○/○
多目的ルーム      
有無
防水処理 - - -
トイレ - - -
シャワー設備 - - -
シャワー用給排水タンク - - -
温水設備 - - -
手洗い - - -
空調      
ベンチレーター OP(マックスファン) OP ○(マックスファン)
FFヒーター OP OP
冷房装置 OP(家庭用セパレートエアコン) OP(家庭用セパレートエアコン) OP(家庭用セパレートエアコン)
電装系      
サブバッテリー ○(100Ah x2) ○(100Ah x1) ○(115Ah x2)
バッテリー増設 - OP -
リチウムバッテリー - - -
走行充電システム
外部100V入力/充電 ○/○ ○/OP ○/○
インバーター ○(1500W正弦波) OP(1500W正弦波) ○(2000W正弦波)
ソーラーシステム OP(200W) OP(220W) ○(160W)
発電機 - - -
ナビ/テレビ      
ナビシステム OP OP
テレビ - OP(19型) ○(15.6型フリップダウンモニター)
サイズ      
全長(mm) 5,380 5,380 5,360
全幅(mm) 1,920 1,920 1,910
全高(mm) 2,285 2,400 2,380
価格 (税込)      
ガソリン 2WD 6AT(特装車) 641万円~(旧価格) 652万円~ 756万円~
ガソリン 4WD 6AT(特装車) 673万円~(旧価格) 684万円~ 787万円~
ディーゼル 2WD 6AT(特装) 687万円~(旧価格) 702万円~ -
ディーゼル 4WD 6AT(特装) 719万円~(旧価格) 734万円~ -

バーデンとオールインレジェンドは2022年11月現在)  (○は標準装備/OPはオプション)
価格は千円台切り上げ(税込)

動画はこちら

2022.11.5