ホロウ:キャンパーアシスト


ホロウはキャンパーアシストが製作する、ハイエースワイドミドルワゴンをベース車にしたバンコンキャンピングカー。

同社はハイエーススーパーハイルーフをベース車にした「リチ」や、タウンエースベースのバンコン「ペコラ」をラインアップしているが、ハイエースワイドミドルベースは初となる。

なお、「ホロウ」とは「中国の9匹の龍の子供の名前」に因んでおり、「リチ」に次いで”2匹目”になる。

(記事中の価格は全て税込です)


コンセプト

ハイエースワイドミドルがベース車のため、一般的な5x2mのパーキングスペースに収まり、コインパーキングにも駐車することができる(高さ制限に注意)。ただしミドルルーフのままでは室内高が十分ではないため、ハイルーフを架装して圧迫感の少ない車内にしている。(最大室内高は1650mm)

後部にハイマウントダブルベッドを持ち、冷蔵庫はもちろん電子レンジも装備でき、二人での長期旅にも対応。更に家庭用エアコンやリチウムイオンバッテリーも装備可能で、快適性も確保している。

比較的コンパクトなサイズながら、装備面や快適性も全て併せ持つ、ありそうでなかったバンコンだ。


エクステリア

 ホロウのエクステリア

ベース車はハイエースワイドミドルワゴンで、これにエクステンションウインドウとFRP製のハイルーフを架装している。特筆すべきはハイルーフで、まるで純正デザインのように見え、かつ実に美しい。

エクステンションウインドウは、運転席を除き、右側ウインドウに全面架装されており、アクリルウインドウ化されている。なおリアゲートのウインドウのエクステンション化はオプションとなっている。


インテリア

 ホロウのインテリア

同社のリチ同様、シックなイメージのインテリアでまとめられており、華やかさは無いが落ち着いたインテリアになっている。家具色やシート生地の選択については、ビルダーにお問い合わせいただきたい。

オーバーヘッド収納にはダンパーが使われており、スムースな開閉が可能。目立たないところだが、丁寧な作りになっている。また、天井や壁紙は独自の模様が施されており、この辺りもリチ同様、こだわりが感じられる。


レイアウト

前部にダイネット、後部にハイマウントダブルベッドの構成。後部ダブルベッドはエクステンションウインドウで車幅が拡張されているため、1830mmを確保。ただし、頭上にオーバーヘッド収納があり高さが確保できないということから子供用としている。広さ的にはもちろん大人が就寝可能だ。

前部のダイネットも展開すると1900x1200mmのベッドになり、大人が2名就寝できる。従って、仕様上の就寝人数は大人2名+子供2名だが、事実上は大人4名が就寝できる。

2列目にマルチモードシートを配置しており、前向きに乗車が可能。乗車人数は5名となっている。日常用途ではミニバンと同じように使用できる。

ただしクルマ旅では大人4~5名で使用するのはあまり現実的ではなく、二人旅や小さな子供を持つファミリーに適している。


ダイネット

 対座にサイドシートを加えたダイネット

ホロウのダイネットの特徴は、運転席が回転して後ろ向きになり、ダイネットシートとして使用できること。助手席は後ろに収納家具があるので回転しないが、単座のサイドシートが用意されているので4名でテーブルを囲める。


ベッド

 後部のハイマウントダブルベッド

後部のハイマウントダブルベッドは1830x1300mmの大きさで、家庭用ではセミダブル以上、レギュラーダブル以下に相当する。

またエクステンションウインドウにより車幅方向の就寝が可能となっている。エクステンションウインドウはベッド幅全体に拡張されており、実用的に1830mmが確保されている。

なお、ダイネットベッドの写真は無いが、ダイネットを展開すると1900x1200mmのベッドになる。これは家庭用ではセミダブルベッドの幅に相当する。


ギャレー

 ギャレーセクション

ギャレーは左サイド中央に設置されており、大きな丸形シンクがビルトインされている。スーパーロングのリチほど車長が長くないのでさすがにリチのような常設コンロは設置されていないが、コンロを置くスペースはある。

シンクの下には収納スペースがあるが、ここには給排水タンクは収納されていない。給排水タンクは、後部左側の家具に収納されており、リアゲートを開けると車外から直接出し入れできるようになっている。給排水の配管は長くなるが、これも同社の利便性へのこだわりだ。


冷蔵庫/電子レンジ

 40L冷蔵庫が標準装備される

冷蔵庫は40L横開き式冷凍冷蔵庫が標準装備される。もちろん冷蔵と冷凍が独立しているので、冷蔵しながら製氷や冷凍食品の保存もできる。冷蔵庫の扉の化粧板は家具に合わせて貼りなおされている。

また、電子レンジはオプション。1500Wインバーターもオプションなので、これを選択しない場合は、外部100V電源がある場所でしか電子レンジを使用できない。サブバッテリーで電子レンジを使用する場合は、忘れずインバーターオプションを選択いただきたい。


ユーティリティールーム

 ラップポントイレ(別売)を収納することができる

ホロウにユーティリティルームは設置されていないが、トイレはラップポンが後部ベッド下に収納されており、簡単に引き出して使用することができる(オプション)。トイレルームが無いので少し違和感があるが、夜中に車外のトイレに行くことを考えると、このアイデアも悪くはない。もっとも、仕様表には「生ごみ処理機」と記載されている。

収納

 充実したオーバーヘッド収納

ホロウの収納はハイルーフを生かして、特にオーバーヘッド収納が充実している。オーバーヘッド収納は両側と前後全ての面に設置されており、大きな収納力を確保している。

 ギャレーコンソール下の収納

またギャレーコンソールにも収納スペースが設けられており、調理用具などを収納しておける。

 後部ベッド下の大きな収納スペース

また、後部ベッド下は大きな収納スペースになっており、キャンプ用具などを積むことができる。

空調

 家庭用エアコンがオプション設定されている

家庭用エアコンが装備できるのが大きな特長。現在ハイエースワイドミドルベースでエアコンが装着できるモデルは多くなく、ハイルーフを架装しているといえども貴重な存在だ。

電装系の項で説明しているが、リチウムイオンバッテリーも選択できるので、エアコンを実用的に使用できる。なお室外機は後部床下に設置される。

暖房はFFヒーターがオプション設定されており、ベンチレーターは標準装備。


テレビ/ナビ

パナソニック製10型ナビがオプション設定されている。またテレビは22型テレビがオプション設定されている。


電装系

サブバッテリーは標準では105Ahのディープサイクルバッテリーが1個搭載されている。しかし同社ではかねてからリチでリチウムイオンバッテリーを扱っており、このホロウでも200Ahのリチウムイオンバッテリーがオプション設定されている。

充電は走行充電が標準装備されるが、これは標準のサブバッテリーに対する一般的なもの。リチウムイオンバッテリーを搭載する場合は、リチウムイオンバッテリー対応の充電システム(80Ah)が同時に搭載される。

 発電機用の収納スペース

もう一つ、同社の電装系で特徴的なのは発電機の搭載を想定していること。展示車には搭載されていなかったが、後部に発電機(ホンダEU18i)を収納するスペースが用意されている。

 リチに搭載されている発電機

上の写真はリチに搭載されている発電機(現在はEU16iではなく18iになっている)で、これと同様、燃料はガソリンタンクから直接供給され、車内からリモートで運転開始/停止できる。もちろん排気処理もされている。


価格(2021年7月現在:千円台切り上げ:税込)

現時点ではまだ同社のサイトに記載されていないが、ハイエースワイドミドルワゴン、ガソリン2WD/6ATで567万円~、ガソリン4WD/6ATで601万円となっている。(ディーゼルは設置無し)

また、装備しておきたい主なオプションは、外部電源入力と25Aチャージャー(55,000円)、1500W正弦波インバーター(154,000円)、FFヒーター(220,000円)、パナソニック製10型ナビ+ETC2.0(275,000円)が挙げられる。

また、予算に余裕があれば家庭用エアコン(327,800円)、リチウムイオンバッテリー(価格不明)、100Wソーラーシステム(価格不明)、リアゲート用エクステンションウインドウアクリル窓付き(121,000円)などがある。ちなみにラップポン(ポータブルトイレ)は220,000円。


他モデル

ハイエースワイドミドルにハイルーフを架装し、エアコンが搭載できるモデルは、ホワイトハウスのコンパスグランド(692万円~)のみ。その他では、ケイワークスのオーロラエクスクルーシブ(ポップアップルーフ:640万円~:エアコン+300Ahリチウムイオンバッテリー標準装備)と、オーエムシーの北斗対座モデル(ノーマルルーフ:544万円~)がある。

このうちホロウに最もコンセプトが近いのは、ハイルーフ、エクステンションウインドウ、エアコン+リチウムイオンバッテリー装備という面でコンパスグランドハイルーフが挙げられる。

ただし、コンパスグランドはルーフベッドがあり、就寝人数は4名+子供2名と大人数にも対応できるレイアウトとなっている。また2列目と3列目にマルチモードシートを持ち、6名が前向き乗車できる。ギャレーはダイネットサイドにあり、冷蔵庫は上開き式だ。

一方ホロウは前向きシートを持つのでファミリーにも対応できるが、前向き乗車は4名に留まる。ギャレーは独立しており、調理はしやすい。冷蔵庫は横開き式冷凍冷蔵庫が装備される。

即ち、大人数で移動し、車中泊するならコンパスグランドが向いているが、二人使用や少人数のファミリーならホロウが向いている。コンパスグランドはサイドギャレーとマルチモードシートに阻まれて、車内の前後移動が難しいのが難点。また価格的にも高価だ。

もう一つは北斗対座モデルで、これは縦置き2段ベッドを持ち、2人対座ダイネットを展開すると3名が就寝できる。ファミリーにも二人旅にも対応できるモデルだ。また、後部に多目的ルームを持つのが特徴。ただし天井高が低いのが弱点となる。


まとめ

ホロウはコインパーキングに駐車できるサイズ、横開き式冷凍冷蔵庫や電子レンジ標準装備、エアコンとリチウムイオンバッテリー装着可能、さらに発電機搭載可能で、快適な長期旅に最適なバンコンだ。

何処に行っても取り回しや駐車場所に困らないし、電気の心配や機能的に不安になることは無い。二人旅や小さな子供のいるファミリーに最適な1台と言える。

あえて弱点を挙げると、トイレルームを持たないこと。ラップポンを装備できるが、これはやはり緊急用で、常用するのは難しい。もちろんトイレルームを持つためにはこのレイアウトでは無理で、まったく異なるレイアウトにならざるを得ないが。

しかしいずれにしても、サイズ、高い天井高、装備、快適性を全て備えるこのサイズのバンコンは貴重だ。


関連記事

リチ

ペコラ

コンパスグランド

     

モデル ホロウ
ビルダー キャンパーアシスト
ナンバー区分 8
乗車人数 5
前向き乗車人数 2
就寝人数 2+2(小)
エクステリア  
ベース車 ハイエースワイドワゴン
ルーフ架装 ○(FRPハイルーフ)
窓架装 ○(右側エクステンションウインドウ
リアゲートウインドウ)
レイアウト  
ダイネット形態 4名対座(運転席反転)
マルチモードシート ○(2列目3名掛けシート)
ベッド
リアハイマウントダブルベッド(子供用)
ダイネット展開ベッド
常設ベッド ○(リアベッド)
ダイネットベッドサイズ(mm)  
リアベッドサイズ(mm)  
ギャレー  
コンロ -
シンク
給水タンク ○(19L)
排水タンク ○(19L)
冷蔵庫/設置スペース ○(40L横開き)/○
電子レンジ/設置スペース ○/○
多目的ルーム  
有無 -
防水処理 -
トイレ OP(ラップポン)
シャワー設備 -
シャワー用給排水タンク -
温水設備 -
手洗い -
空調  
ベンチレーター OP
FFヒーター OP
家庭用エアコン OP
電装系  
サブバッテリー ○(105Ah x1)
バッテリー増設 OP
リチウムバッテリー OP(200Ah x1)
走行充電システム
外部100V入力/充電 OP/OP
インバーター OP(1500W正弦波)
ソーラーシステム OP(100W)
発電機 OP(ホンダ18i)
ナビ/テレビ  
ナビシステム OP
テレビ OP(22型)
サイズ  
全長(mm) 4,840
全幅(mm) 1,930
全高(mm) 2,400
価格 (税込)  
ガソリン 2WD 6AT 567万円~
ガソリン 4WD 6AT 601万円~

2021年7月現在  (○は標準装備/OPはオプション)
価格は千円台切り上げ(税込)

動画はこちら

2021.7.3