リチ ロータスRVセールス


リチはハイエーススーパーロング、スーパーハイルーフをベース車に使用した、ロータスRVセールスのバンコンキャンピングカー。
スーパーハイルーフで高い室内高のうえ、右側のウインドウをエクステンションウインドウにして、更に室内を広くしている。

レイアウトは前部に対座ダイネット、後部に縦置き2段ベッドの構成。
また、中央にギャレー、ベッドと反対側の後部にトイレルームを配置している。


ベッドは2段ベッド仕様の他、縦置きダブルベッド仕様も選択できる。
縦置きダブルベッド仕様ではベッド幅が1,000mmと、規定上二人分ぎりぎりのサイズなので、実際に2名が就寝するのはかなり窮屈だろう。

2段ベッド仕様では上下段のベッド幅は850mmあり、こちらはゆったり就寝できるので、2段ベッド仕様の方がお勧めだ。
スーパーハイルーフなので2段ベッドにしても頭上高は十分確保されている。

ダイネットは固定の2列目前向きシートと、運転席後ろに設けられた簡易シートが後ろ向きシートとなり、一応対座ダイネットとなっている。
このダイネットテーブルは押し下げることができ、その上にシートバックを載せることでフルフラットの子供用ベッドとなる。


ギャレーはエントランス横に設置されているが、2口コンロが一体になったコンビネーションシンクがビルトインされており、やはり卓上型カセットコンロを置くタイプに比べると、豪華な印象を受ける。
シンクは皿や鍋を洗うのに十分な大きさの上、2口常設コンロが設置されているので、調理も十分可能だ。
また、ギャレーコンソール上には調理スペースもあり、実用性は高い。
冷蔵庫は40リッター横開きを標準装備、更にオーブンレンジをオプション設定している。


後部にはトイレルームが用意されており、標準でカセットトイレが装備されるのは特筆できる。
また、カタログに記載されてないが、このユーティリティールームは温水シャワールームにもできるとのこと。
同社は、マンボウやイースピリットでも温水シャワーの実績があり、温水シャワーを実現してくれる数少ないビルダーの一つだ。


収納は、ダイネットとギャレー上部にオーバーヘッド収納が用意されている。
食器などはこれらに収納することになるが、特にギャレー上部のオーバーヘッド収納はもう少し奥行きが欲しいところだ。

バッグなどの収納としては下段ベッド下に多少スペースがあるが、ハイマウントタイプのベッドではないので、大きなものの積載は難しい。

リチは実用性が良く考えられたモデルだが、その真骨頂はエアコンと電装系にある。
リチには家庭用エアコンが標準装備され、外部電源の他、サブバッテリーで駆動できるが、サブバッテリーの場合は運転時間が長くできないことは、他モデル同様だ。
そこで、リチにはリチウムバッテリーがオプションで用意されている。

更に、ホンダ16i発電機をオプションで搭載することができ、もちろん排気処理がされたコンパートメントが用意されている。
その上、発電機をリモートで運転、停止できるように改造も手掛けており、この場合は燃料もクルマのガソリンタンクと共有する。
即ち、完全に自己完結できる装備を持ち、しかも発電機は始動や停止、ガソリン補給のためにいちいち取り出す必要が無いのだ。


実際、キャンピングカーを使って最初に気付くのがバッテリー容量と充電の問題だが、リチはこの解決策を具体的に提案している。
昼間に発電機でリチウムバッテリーを充電しておけば、夜にエアコンを長時間使用できるわけだ。

エアコンを搭載するモデルは数多くあるが、従来のディープサイクルバッテリーでは実用性に乏しく、結局外部電源か発電機で運転することになる。
しかし、外部電源を取れる設備は限られており、発電機は使用する時間や場所が限られる。
リチは、キャンピングカーの課題であるエアコンと電源の問題の解決策を提案している数少ないモデルだ。

細かいところを見れば不満点があるかもしれないが、エアコンと電源の他、温水シャワーのソリューションまで提案されており、考えられる主な懸案事項は全て提案されている。

価格に関しては、他のスーパーハイルーフ車では600万円台が中心だが、家庭用エアコンやカセットトイレが標準装備され、ベース価格が555万円(税別)のリチはかなりお買い得感が高い。

発電機とリチウムバッテリーを搭載すると60万円(同)程度追加になるが、実用性を考えるとその価値は十分にあるだろう。

キャンピングカーは狭い空間に生活設備を詰め込まなくてはならないので、何らかの割切りが必要になるが、リチはその割切りを極力少なくしたモデルと言える。
その割には価格的にも抑えられており、満足度の非常に高いモデルだ。

なお、リチは奈良県大和郡山市のロータスRVセールスで扱っており、購入するためにはこちらに行かなければならない。
関東圏の展示会に出展されることも少なく、関西以外の顧客にとってはアクセスが唯一の問題と言える。

モデル リチ
ビルダー ロータスRVセールス
ルーフ架装 -
ナンバー区分 8
乗車人数 6
就寝人数 2+2(小)
ベース車 ハイエーススーパハイルーフ
ダイネット形態 対座
ベッド形態 縦置き2段ベッド
ダイネット展開ベッド(子供用)
サブバッテリー ○(105Ah x1)
バッテリー増設 リチウムバッテリー(OP)
走行充電システム
外部100V入力/充電
インバーター
大容量インバーター OP(1500W)
ルーフベンチレーター
サンルーフ -
コンロ ○(2口コンロ)
シンク
給水タンク ○(19L)
排水タンク ○(19L)
冷蔵庫 ○(40L)
電子レンジ OP
ユーティリティールーム
ポータブルトイレ OP
カセットトイレ
カーテン/ブラインド
FFヒーター OP
ルームエアコン ○(家庭用セパレート)
シャワー設備 OP
温水装置 OP
発電機 OP
ウインドウ架装
アクリルウインドウ
サイドオーニング OP
ソーラーシステム OP
全長(mm) 5,370
全幅(mm) 1,950
全高(mm) 2,600
価格 555万円~(2WD/6AT)

2017年4月現在  (○は標準装備/OPはオプション)
価格は千円台切り上げ(税別)

リチの動画はこちら

2017.8.8