リゾートデュオ バスキング レグノ:stage21


リゾートデュオバスキングレグノstage21が製作する、軽バンコンキャンピングカー。同社は多くの軽バンコン、軽キャブコン、あるいはタウンエースベースのコンパクトキャブコンやバンコンを製作している。

リゾートデュオバスキングレグノは、すでに販売されているリゾートデュオバスキングの派生モデルのようなネーミングだが、バスキングには後部の収納家具が無いシンプルな構成。

逆にリゾートデュオバスキングレグノは装備満載で、おそらく他社モデルも含め最も装備が充実したモデルだろう。

(記事中の価格は全て税込です)


コンセプト

同社は従来より標準装備が充実しているのが特徴。そして今回、軽バンコンで初めて本格的なクーラーを搭載した。同社は従来「冷え蔵X」という氷で冷却するシステムを開発し多くのモデルに標準装備していたが、いよいよ本格的なクーラーとリチウムイオンバッテリーを搭載した。

また、FFヒーターの代わりに床暖房を軽バンコンとしても初めて標準装備する。その他、ギャレー、冷蔵庫、電子レンジ、ソーラーシステム、外部電源、インバーター、テレビ、ナビ、断熱処理なども標準装備する。


エクステリア

 リゾートデュオバスキングレグノのエクステリア

ベース車はエブリイバンJOINターボで4WDのみが設定されている。2WDやノンターボ車が選択できるかは不明。また、ボディ色はムーンライトバイオレットパールメタリックのみが記載されているが、これも他の色が選択できるのかは不明だ。

ただ他のグレードや色が選択できない理由が無いので、おそらく可能だろう。なお、「スズキ セーフティ サポート」が標準装備される。


インテリア

 インテリアは様々な素材や色を選択できる

展示車は光沢木目の家具色とグリーンのベッドボードの組み合わせだったが、シート地は多くの色や生地から無料で選択できる。家具色については選択肢が無いようだが、相談は可能だろう。

家具の作りは特別高級感があるわけではなく手作り感も残る。また、装備品が多いため例えば冷蔵庫の出っ張りなどもあるが、このクルマのコンセプトは高級感やおしゃれ度ではなく充実した装備のため、ある程度は仕方ないだろう。


レイアウト

軽バンコンとしては一般的なレイアウトで、ベッド兼フラットフロアのダイネットと後部両側の天井まで立ち上がった収納家具の組み合わせ。軽4ナンバー登録ながら簡易ギャレーも装備する。

 大人4名が前向き乗車できる

なお、2列目シートは純正のものが折り畳んで収納されており、ベッドボードを外してシートを立ち上げると、大人4名が前向き乗車できる。即ち、普通の軽バンとして使用できる。


ダイネット

 後部から見た室内

ベッド兼用のフラットフロアのダイネットで、ちゃぶ台スタイルで食事をしたり寛いだりすることができる。ただしノーマルルーフ車は皆そうだが、ポップアップルーフ車のように高い天井高ではないため、二人で長時間車内で過ごすのは窮屈かもしれない。


ベッド

 大人2名が就寝できる

ダイネットがそのままベッドになるので、眠くなったらすぐに就寝することができる。ベッドサイズは表記されていないが、エブリイバンの荷室最大幅は1385mmなので、上半身部分は十分な幅がある。

ただし足元部分は収納家具があり、特に左側の家具は大きく出っ張っているため、二人で就寝する場合は足元が多少窮屈になる。


ギャレー

 ウォーターサーバーを利用した簡易ギャレー

ギャレーは市販の3Lウォーターサーバーと小さなシンクで構成されている。一般的なモーターでのくみ上げ式ではない。シンクの下には3Lの排水タンクが収納されている。1~2人分の食器を洗ったり、手を洗う程度ならこれで十分だろう。


冷蔵庫/電子レンジ

 15Lのポータブル冷蔵庫が標準装備される

冷蔵庫は15Lのポータブル冷蔵庫が標準装備される。-20℃までの冷凍も可能で、製氷や冷凍食品を保存しておくことができる。ただし冷蔵と冷凍は同時にできない。

 100Vの家庭用電子レンジとその下のテーブル

電子レンジも標準装備されているので、冷凍食品をすぐに温めて食べることができる。100Vの家庭用なので、パワーもあり短時間で調理できる。なお、電子レンジの下には引き出し式のテーブルがあり、温めた物を取り出して乗せるなど大変便利だ。


収納

 ベッド下の収納

ベッドボード下が主な収納スペースになるが、右側にはインバーターがあるので、左側の細いスペースが収納として使える。

食器やカトラリーを収納できるような小物収納は用意されていないが、DIYで作るスペースはありそうだ。オーダーで作ってもらうこともできるだろう。


空調

 小型の一体型クーラーが標準装備されている

暖房、冷房共に標準装備されているが、どちらもこのモデルの最大の特徴の一つ。まず暖房は、FFヒーターではなく床暖房を採用している。キャンピングカーの暖房にはFFヒーターが一般的だが、小さな軽バンコンの車内では暑すぎる場合がある。

そのため、リゾートデュオバスキングレグノでは、あえて電気式の床暖房を採用。軽バンコンでの床暖房は恐らくこれが初めてだろう。この床暖房の消費電力は不明だが、仮に家庭用の小さなこたつ(300W程度)と同じくらいなら、7時間程度は使えることになる。

冷房は、小型の一体型クーラーが標準装備されている。いささか武骨な箱がドンと置かれている感じだが、本格的なクーラーなので同社の従来の「冷え蔵X」よりも強力だろう。

200Ahのリチウムイオンバッテリーで10時間程度稼働できるとのことなので単純計算では200W程度となるが、夏の日中での冷房能力がどの程度かは未知数だ。騒音は「静音で運転しますので、作動音は気になりません」と説明されているので、心配なさそうだ。


テレビ/ナビ

15型のフリップダウンモニターを標準装備。フルセグ付きカーナビも標準装備され、この映像が15型モニターで観られるので、テレビを観ることもできる。なおナビはパナソニック製の10.1型有機ELフルセグナビが標準搭載され、ETC2.0とバックカメラも標準装備される。


電装系

 200Ahのリチウムイオンバッテリーを標準装備

200Ahのリチウムイオンバッテリーが1個標準装備される。このバッテリーはstage21のオリジナルで、同社のロゴも入っている。Bluetooth付と書かれているので、アプリで残量確認などができるのかもしれない。

充電は、同社がアピールする複合充電で、ソーラーシステムと走行充電の両方から、合算で50Aまで可能。50Aで充電すると単純計算で4時間程度で満充電されることになる。もちろん現実的には充電サイクルや天候の具合でもっと時間がかかるが、それでも両方からの発電を合算して充電できるのは嬉しい。

ソーラーシステムは180Wが標準装備される。100%の効率で発電しても15Aだが、クルマを動かしていないときも充電できるのはソーラーシステムの大きな特徴だ。

なお、外部電源入力とこれによる充電機能も標準装備される。外部電源で充電する場合は40Aとされているので、200Ahのリチウムイオンバッテリーなら5~6時間程度でほぼ満充電されるだろう。


価格(2021年5月現在:千円台切り上げ:税込)

同社のHPには、ベース車がエブリイバン JOINターボ 4WD / 4ATでの価格のみ書かれており、この場合は418万円~となっている。

標準装備が充実しているため、追加すべきオプションは無い。


他モデル

エブリイバンベースの軽バンコンは非常に多く存在するが、一般的なノーマルルーフモデルの価格は200万円以下がほとんど。高価なノーマルルーフの軽バンコンの例はバンテックのルネッタがあるが、これでも309万円~となっている。

ちなみにポップアップルーフ仕様でも一般的に250万円程度だ。(キャルルックモデルを除く)


まとめ

上記で比較した他社モデルは、もちろんエアコンも暖房もリチウムイオンバッテリーも付いていないので比較してもあまり意味は無いが、ポイントは軽バンコンに400万円以上出費してエアコン、床暖房、リチウムイオンバッテリーまでついたフル装備モデルを望むか、ということだろう。

例えば、同社のタウンエースベースバンコン、リゾートデュオルクシオなら344万円~だ。仮に、リゾートデュオバスキングレグノのエアコンとリチウムイオンバッテリーを搭載できるとすると、リゾートデュオバスキングレグノの価格(418万円~)と同程度か、むしろ安価ではないだろうか。

リゾートデュオルクシオにも15Lポータブル冷蔵庫、100V仕様電子レンジ、180Wソーラーシステム、外部電源入力と充電機能、2000Wインバーター、カーナビ、15インチフリップダウンモニターなどが標準装備されている。もちろん、タウンエースベースなので軽キャンパーより格段に広いしパワーもある。(税金は高くなる)

軽バンコンやコンパクトバンコンで装備が多くなり全体の価格が上がると、当然ベース車の価格差の割合が薄まってくる。要は軽バンコンに何を求めるかだが、軽のボディサイズに重点を置き、かつ充実装備を求めるなら、リゾートデュオバスキングレグノは選択に適したモデルだ。


関連記事

北斗 対座モデル

ZERO

ツアーズワイドSGL

     

モデル リゾートデュオバスキングレグノ
ビルダー atage21
ナンバー区分 軽8
乗車人数 4
前向き乗車人数 4
就寝人数 2
エクステリア  
ベース車 エブリイバンJOINターボ
ルーフ架装 -
窓架装 -
レイアウト  
ダイネット形態 ベッド兼用フラットフロア
マルチモードシート -
ベッド
ダイネット兼用ベッド
常設ベッド -
ベッドサイズ(mm)
ギャレー  
コンロ -
シンク
給水タンク ○(3L)
排水タンク ○(5L)
冷蔵庫/設置スペース ○(15Lポータブル)/○
電子レンジ/設置スペース ○/○
ユーティリティールーム  
防水処理 -
トイレ -
シャワー設備 -
シャワー用給排水タンク -
温水設備 -
手洗い -
空調  
ベンチレーター
暖房 ○(床暖房)
冷房 ○(一体型クーラー)
電装系  
サブバッテリー ○(↓)
バッテリー増設 -
リチウムバッテリー ○(200Ah x1)
走行充電システム
外部100V入力/充電 ○/○
インバーター ○(2000W正弦波)
ソーラーシステム ○(180W)
発電機 -
ナビ/テレビ  
ナビシステム ○(パナソニック製)
テレビ ○(15型フリップダウン)
サイズ  
全長(mm) 3,395
全幅(mm) 1,475
全高(mm) 1,985
価格 (税込)  
ガソリン 4WD 4AT 418万円~

2021年5月現在  (○は標準装備/OPはオプション)
価格は千円台切り上げ(税込)

動画はこちら

 

2021.5.29