Resort Duo BUSKING N-VAN stage21


Resort Duo BUSKING N-VANはstage21が製作する、ホンダN-VANベースの軽バン・コンバージョンキャンピングカー。同社は軽キャンピングカーを中心に製作するバンコンビルダーで、リゾートデュオは同社を代表するブランドだ。

今までにもスズキ エブリイをベースにした軽キャンパーを多数ラインアップしているが、人気のホンダN-VANで新たにResort Duo BUSKINGを製作した。
コンセプトは充実装備の二人旅用軽キャンパー。ホンダN-VANの特徴を生かしたレイアウトになっているほか、標準装備が充実しているのもこのモデルの特徴となっている。

エクステリアは特に架装を加えられておらず、外見はノーマルのN-VANと変わらない。従って、通勤や買い物などの日常用途にも違和感なく使用できる。

インテリアは特別に高級感があるわけではなく、洗練されたデザインとは言い難い。特に簡易クーラーの「冷え蔵X」のコントロールパネルや、後部の棚にベルトで固定された冷蔵庫や電子レンジは手作り感が出て少し気になるかもしれない。

 運転席までカバーするベッド。

レイアウトはフルフラットのベッドマットに後部の棚だけで、実にシンプル。ベッドマットは運転席の上まで延長できるので、ほぼ全面がベッドとして使用でき、2名が就寝しても運転席側が狭いということはない。また収納家具が無いので室内はより広く使える。
ただし、その分室内に収納が無いので、何かをすぐに取り出したい場合は不便なこともあるかもしれない。ただ、ベッドマットが細かく分割されており、これを外すと、すぐにベッド下の広い収納にアクセスできる。また、後部の棚にちょっとした収納家具を置くなどすると小物の収納に便利だ。

ダイネットは独立して存在するわけではないが、ベッドマット上に折り畳みテーブルなどを置いてちゃぶ台スタイルのダイネットとして使うことになる。

ベッドはマット上がそのままベッドになるが、妨げるものが無いので2130x1150mmのフロア面積が全てベッドになる。幅は家庭用セミダブルのそれ(1200mm)よりも多少狭いので2名で就寝すると少し窮屈だが、軽バンコンではこれ以上の大きさは望めない。

ギャレーは無く水は使えないが、15リッターのポータブル冷蔵庫と電子レンジが標準装備される。外部電源入力や1500Wインバーターも標準装備されているので、外部電源があるところではもちろん、サブバッテリーでも電子レンジを駆動することができる。

 電子レンジと冷蔵庫が置かれた後部の棚

収納は、ベッドマットより上部にはほとんどないが、ベッドマット下はN-VANの特徴を生かして広い収納スペースになっている。大きめのバッグでも余裕で収納できるだろう。また、後部のハッチを開けると、車外からベッド下の収納にアクセスできる。

 ベッドマット下は広い収納スペース

空調はFFヒーターがオプションで装着可能。冬場は出かけることが無くても、春や秋はまだ寒い日も多く、やはりFFヒーターは付けておくと安心だ。
そして同社オリジナルの簡易クーラー「冷え蔵X」が標準装備される。これは、吹き出し口と、氷を入れておくクーラーボックスを組み合わせたもので、ファンで空気を循環させて冷気を吹き出すようになっている。単体でも「冷え蔵II」として販売されている。
もちろんエアコンのように、夏の昼間でも十分な冷却効果があるわけではないが、暑さが残る夜ではそれなりに効果がありそうだ。

 簡易クーラー「冷え蔵X」

電装系は、ハイエースクラスに搭載されるのと同じ、105Ahのサブバッテリーが標準装備される。軽キャンパーでは小容量で小型のサブバッテリーを積むモデルが一般的だが、電子レンジや冷蔵庫を装備しているので大きなバッテリーなら安心できる。
更に特筆できるのは、走行充電はもちろんだが、外部100V入力/充電も標準装備していること。多くのモデルは外部充電はオプションのことが多いが、これはほぼ必需品と言ってよい。
そして極めつけは、180Wの薄型ソーラーパネルも標準装備。軽キャンパーでしかも標準装備なので、100Wのパネルでもおかしくないところだが、180Wあれば実用上も理想的と言える。
もちろんすべての電気をソーラーパネルだけでまかなうことは期待できないが、それでも長期旅で外部充電できる施設を探す回数はかなり減るだろう。

価格はGグレードで238万円(税別)、最も選ばれるであろうSTYLE FUNグレードで269万円(同)だ。
N-VANのSTYLE FUN本体価格が156万円なので、架装+装備品コストは約113万円ということになる。
これだけの装備が標準であることを考えるると、かなりお得感が強い。もっとも、収納家具がほとんどないので、その分のコストが標準装備品になっていると考えられるが、収納家具は不要と考えるユーザーにはかなりフィットするモデルと言える。


モデル ResortDuo BUSKING
ビルダー stage21
ベース車 ホンダN-VAN
形態 軽バンコンバージョン
ルーフ架装 -
ナンバー区分 軽4
乗車人数 4
就寝人数 2
ダイネット形態 フラットフロア
ベッド形態 ダイネット共通フラットフロア
コンロ -
シンク -
給水タンク -
排水タンク -
冷蔵庫 ○(15L)
電子レンジ
ユーティリティールーム -
ポータブルトイレ -
カセットトイレ -
温水シャワー設備 -
ルーフベンチレーター -
サンルーフ -
FFヒーター OP
ルームエアコン ○(簡易クーラー)
サブバッテリー ○(105Ah x1)
バッテリー増設 -
走行充電システム
外部100V入力/充電
インバーター ○(1500W)
発電機 -
ソーラーシステム OP(180W x1)
全長(mm) 3,395
全幅(mm) 1,475
全高(mm) 1,945
価格 239万円~(2WD/CVT)

2019年7月現在  (○は標準装備/OPはオプション)
価格は千円台切り上げ(税別)

動画はこちら

2019.7.2