アサカゼとそのライバル比較

アサカゼは2重構造シェルなど最先端の機能をまとって登場したが、価格的にはセミフルコンや輸入フルコンと競合する。キャブコンでは最高峰のひとつに位置するアサカゼを、他のカテゴリーモデルと比較するハイエンドモデル特集。(続きを読む

ファミリー向けボンゴ/バネットベースライトキャブコン特集

ボンゴトラックのモデルチェンジで各社の新型が続々登場しているライトキャブコン。今回はファミリーでキャンピングカーライフを楽しむためのボンゴベースライトキャブコンを特集。ベストセラーから最新モデルまで8車種を徹底比較。(続きを読む

ハイルーフを架装した標準ボディハイエース/キャラバン特集

ハイエース、あるいはNV350キャラバンの標準ボディバンコンでFRPのハイルーフを架装したモデルが増えている。取り回しが良く広い室内を持ち、その高さを利用してエアコン搭載モデルも現れた。最新のハイルーフバンコンを特集する(続きを読む

5m超えスタンダードキャブコン特集

「SAKURA」の参入で注目を集めているスタンダードキャブコン。激戦区のこのカテゴリーは最もキャンピングカーらしいカテゴリーと言え、競合がひしめく。その中でも全長に制限を受けない5m超のモデルにスポットを当てて特集する。(続きを読む

国産最高峰 セミフルコン特集

国産最高峰のキャンピングカーと言われるセミフルコンモデル。モデル数は多くないが、マイクロバスをベースにしたこのカテゴリーはまさにモーターホームと言えるような豪華さを持つ。ここでは最高峰のモデルを特集する。(続きを読む

NV200とタウンエース/ライトエースベースのキャブコン特集

ライトキャブコンというカテゴリーではマツダボンゴベースが多い。しかしNV200とタウンエース/ライトエースベースのキャブコンもモデル数を伸ばしつつある。今回はこの2車種をベース車とするライトキャブコンを特集する。(続きを読む

常設2段ベッドを持つハイエース/NV350キャラバンベースバンコン特集

ハイエーススーパーロングベースのバンコンは、国産キャンピングカーの中では、最もモデル数が多いカテゴリーであるが、その中で常設2段ベッドを持つモデルとなると、そう多くは無い。個室感覚の常設ベッドを持つバンコンを特集する。(続きを読む

温水シャワー装備のライトキャブコンとバンコン特集

温水シャワーは、日本のキャンピングカーでは装備されている方が稀である。欧米と異なり、温泉がいたるところにあるからだ。しかし温泉を探すのが面倒な時は車内に温水シャワーがあると便利だ。今回は温水シャワーを持つ小型モデルを特集する。(続きを読む

5.3mのバスコン~セブンシーズはライバルを凌駕したか?

いつかはバスコンという言葉がある。それほど、バスコンはキャンピングカーオーナーの理想と言っていい。もともと人を快適に乗せるクルマなので乗り心地が良いのだ。今回は最新のセブンシーズと迎え撃つバスコンを特集する。(続きを読む

フィアットデュカトベースの欧州バンコン特集

フィアットデュカトベースの輸入キャンピングカーというと、キャブコンタイプが主流だが、バンコンタイプも徐々に充実してきた。バンコンといても十分な広さがあり、装備も充実して、ハイセンスなインテリアの欧州バンコンを特集。(続きを読む

乗用車ベースのキャンピングカー特集

商用車ベースのキャンピングカーはちょっと、と言うユーザーは多い。日常で使う場合は気が引ける場合もある。その点乗用車ベースなら気にすることは無い。また、ポップアップルーフがあれば停泊時は広い室内が実現できる。(続きを読む