ポータブル冷蔵庫


キャンピングカーあるいは車中泊の夏の必需品といえば、冷蔵庫。車内に冷蔵庫があれば、いつでもどこでも冷たいものが飲める。
また、食料品も暑い車内においておくとすぐに痛んでしまうが、冷蔵庫に入れておけば安心だ。
キャンピングカーにはビルトインタイプがおなじみだが、通常のワンボックスや乗用車でも、積み下ろしのできるポータブル冷蔵庫が市販されている。保冷ができるクーラーボックスという選択もあるが、やはり強制的に冷却できる冷蔵庫なら思うように冷やせるし、製品によっては製氷もできる。今回は車内で使えるポータブル冷蔵庫についてまとめた。

容量
内容量は多々あるが、むやみに大きなものを求めると大きさ、重量、消費電力の面でもてあますことになる。最も手軽で小型なのは14~18リッタータイプだ。それでも重量は結構あり、大人1人で持ち上げるのは気をつけたい。ミニバンなど乗用車に持ち込むなどの一般的な用途では、これで必要十分だろう。

電源
2ウェイというのは一般的にAC100VとDV12V/24Vで使用できるということ。DCはシガーソケットなどから取ることができる。100V出力が無い車種では、必然的にDC12Vから取ることになる。
3ウェイというのは上記2種に加え、カセットガスボンベで冷やすというもの。どうしてガスで冷やせるのかは別にして、電気が無くても冷蔵庫を動かせるのが最大のメリット。 電気で動かす場合はそれなりの消費電力があるので、バッテリー上がりに注意が必要だし、サブバッテリーが無い場合はエンジンOFF状態では基本的に使用しない方が安全だ。しかし、カセットガスボンベなら、駐車中でも冷蔵庫を稼動できる。
なお、ペルチェ素子で冷却する方式の冷蔵庫は、安価だが十分な冷却能力が得られない場合があり、ここではリストアップしていない。

メーカー
エンゲルはキャンピングカー用の据え付け型冷蔵庫でおなじみで、澤藤電機の製品。ポータブル冷蔵庫もラインアップしており、14リッターから60リッターまで充実したラインアップを揃える。スイングモーターによる冷媒ガス圧縮方式を使用しており、これは家庭用冷蔵庫と同じ方式。冷却能力は抜群で、冷凍も可能。冷凍冷蔵庫専用と冷凍冷蔵庫 + 温蔵が有るので注意。またアダプターの有無も選択できる。

   



Dometic(ドメティック)はスウェーデンの会社で、キャンピングカー関連商品の大手メーカー。2ウェイや3ウェイのポータブル冷蔵庫もラインアップする。3ウェイは100V、12Vの他、ガスで冷やせるので、電源を用意できないシチュエーションにはおすすめ。氷もできるほど冷却能力は高い。ガスはどこでも手に入るカセットボンベが使用でき、1本で約24時間使用可能。



WAECO(バエコ)はドメティックの傘下にあるメーカーで、キャンピングカーユーザーには据え付け用冷蔵庫で有名。

   



Aileron(エルロン)は、レジャーボートなどを輸入販売するセイルド・オンのオリジナルブランド。AC100V、DC12Vに加え、カセットガスでも冷やせる3Wayが特徴だ。

     



Webasto(ベバスト)は、キャンピングカー関連ではFFヒーターなどで有名なドイツのメーカーで、Indel Webastoは、Webastoの翼下でポータブル冷蔵庫などを生産しているグループ会社。ISOTREMはIndel Webastoの冷蔵庫の商品名。

     



メルテックは、大自工業株式会社のブランドで、ポータブル冷蔵庫の他にも各種クルマ用アクセサリーをラインアップしている。

     



アクセサリー一覧はこちら