4-1. スタンダードバンコンのベース車

バンコンはバンやワゴンをベースに、主に内装を中心に架装したキャンピングカーですが、大きさは軽からハイエーススーパーロングレベルまでいろいろあります。

当サイトでは、NV200バネットやタウンエース/ライトエースベースのバンコンと区別するため、トヨタハイエースや日産NV350キャラバンをベース車にしたバンコンを「スタンダードバンコン」と呼んでいます。

実際、日本のキャンピングカーでは、ハイエースクラスのバンコンが主流で、登録台数は最も多いと思われます。
なお、「レジアスエース」は、販売店の違いによるハイエースの姉妹車で、ハイエースと同じクルマでしたが、現在は廃止され、ハイエースで統一されています。

スタンダードバンコンのベース車は、ハイエースとNV350キャラバンが主ですが、キャンピングカーのベース車としては、ハイエースが圧倒的に高いシェアを持っています。



前の記事  ⇧ 目次  次の記事