TRIP(トリップ):ダイレクトカーズ


TRIP(トリップ)はダイレクトカーズが製作する、トヨタカムロードをベース車にしたキャブコンキャンピングカー。2020年2月のジャパンキャンピングカーショーで発表された。(発表記事はこちら
同社はハイエースベースのバンコン専門ビルダーだが、昨年にはハイエースベースキャブコン「モビリティホーム」(レビュー記事はこちら)を発表、今回は同社初のカムロードベースのキャブコン「トリップ」を発表し総合ビルダーへと躍進している。

 トリップの後部レイアウト

コンセプト:全長は5150mm。5mを超えるスタンダードキャブコンで、余裕のある室内を実現。ダブルベッドとバンクベッドでファミリーにも対応する。32インチ大画面テレビを標準装備し、キャンピングカーの新しいエンタテインメントを提案している。
セパレートエアコン、瞬間湯沸かし温水シャワーシステム、FFヒーター、IHコンロ、大容量2ドア冷蔵庫、デュアルバッテリーシステム、ソーラーシステムなど、標準装備が充実しているのも特徴だ。

エクステリア:カムロードにFRP製シェルを架装。モビリティホームはバンクを持たなかったが、トリップはバンク付きのシルエットとなっている。シェルは断熱材を挟んだFRPパネル工法で作成されており、優れた断熱効果を持つ。モビリティホームが全長5,760mmなので、これに比べると全長は短くなっているが、コンパクトで取り回しも良い。
展示車はディーゼル2WDダブルタイヤ仕様だったが、ディーゼル2WDシングルタイヤ、ディーゼル4WDシングルタイヤ、ガソリン2WDシングルタイヤも選択できる。

インテリア:モビリティホームがレトロ感のあるレザー調シートだったのに対し、トリップではレザー調ながら明るくモダンな配色のシートを採用。全体的にオフホワイトを基調とした明るい室内になっている。

レイアウト:フロントに対座ダイネット、後部に縦置きダブルベッドとサニタリールームを配している。縦置きダブルベッドはキャブコンでは珍しいレイアウトで、ハイエースベースだがRVトラストのTR-550 ボレロ V.MAX が採用していたくらいだ。多くのキャブコンは横置き2段ベッドや横置きハイマウントダブルベッドを採用しているが、トリップは比較的低いベッドを採用している。ハイマウントベッドや2段ベッドに比べ上り下りが楽なため、年配のユーザーには優しいベッドだ。
バンクベッドも含めると就寝人数は4名なので、ファミリーにも対応できる。

 大画面テレビが見られるダイネット

ダイネット:固定対座のダイネットを配置。後部に縦置きベッドがあるがダイネットは十分広く取られており、足元が窮屈ということはない。
ダイネットで特筆できるのは、ハンドルで高さ調整できるテーブル。今まで有りそうで無かった機能で、大柄の人も窮屈感無く着座できる。同社のこだわりが感じられる部分だ。

 テーブルが付いた常設ダブルベッド

ベッド:トリップのベッドは、後部の縦置きダブルベッドがメインベッドになる。サイズは1200x1850mmで、家庭用ならセミダブルサイズに匹敵する。なお、ベッドサイドにちょっとしたテーブルと書棚があり、ダイネットと離れてパソコンを使ったり、読書したりと書斎的な空間として使用できる。
バンクベッドは1370x1970mmでさらに大きく、家庭用のレギュラーダブルベッドに匹敵する。天井までのクリアランスも十分なので圧迫感も少ない。
なお、ダイネットもベッド展開できるが、大きさは1400x1050mmで子供用のエマージェンシーベッドとして使用できる。

 シンクとIHコンロがビルトインされたギャレー

ギャレー:エントランス横に配置されたギャレーは、上部にシンクと600WのIHコンロを装備する。気密性が高いキャンピングカー内で調理する場合は、IHコンロは一酸化炭素中毒の恐れが無いので安心できる。調理スペースもあり、旅先での調理も可能だ。
更に特筆できるのは温水が使えること。やはり温水が出ると幸せ感が大きい。温水システムについてはサニタリールームの項で触れる。

 148L2ドア冷蔵庫(上が冷蔵、下が冷凍庫)

冷蔵庫/電子レンジ:148Lの2ドア冷蔵庫を標準装備。上が冷蔵庫、下が冷凍庫になっている。これだけの容量があれば、ファミリー分の食材を余裕で入れておける。また、お土産に冷凍魚介類を購入して持ち帰ることも可能だ。
電子レンジはオプション設定されており、上部の収納スペースにすっきりビルトインできる。ただ、1500Wのインバーターは標準装備なので、需要の多い電子レンジも標準装備だと分かりやすかったと思う。

 専用手洗いも装備されたサニタリールーム

サニタリールーム:カセットトイレと温水シャワー、それに専用手洗いが標準装備されている。ユーティリティルームではなく、完全防水されたお洒落な専用のサニタリールームだ。
温水シャワーは135Lの大容量給水タンクの水をカセットガスの瞬間湯沸かし器で加熱する。カセットガスは3本使用し、2時間程度使用できる。
これなら必要なだけ温水にできるのでエネルギーを無駄に使うことなく、しかも湯が沸くまで待つ必要がない。更に数人のファミリーでも続けてシャワーが使える。理想的な温水システムだ。

 ギャレーコンソール下に収納された瞬間温水ボイラー(左)とカセットガス

収納:ダイネット上、ギャレー上、そしてベッドルームの上にオーバーヘッド収納がずらりと並んでいる。奥行きや高さも十分で、高い収納力を持つ。また、ギャレーコンソールには引き出し収納があり、食器などの小物を効率よく収納できる。ダブルベッドの下にも室内用の収納スペースがある。
更に、ダブルベッド下の大部分は、車外からアクセスできる大きな収納庫になっており、折り畳みの自転車程度なら積めそうだ。

 12V仕様車載用セパレートクーラー

空調:暖房用にはFFヒーター、冷房用にはセパレート式のクーラーが標準装備される。このクーラーは、ホワイトハウスが発売した車載専用の「COOL Star」というもので、コンパクトながら2.2kwで6畳用家庭用エアコンに匹敵する冷房能力を持つ。室内機もコンパクトなので、トリップではオーバーヘッド収納のひとつに収まっている。
また、ダイネット上にポップアップウインドウも装備されており、ここでも換気できる他、車内を明るくしている。

 バンクベッド部に装着された32インチ大画面テレビ

テレビ/ナビ:トリップは様々なアイデアが生かされているが、最も目を引くのは32インチの大画面テレビだろう。バンクベッドボードを跳ね上げるとテレビ画面が現れるというのも、よく考えられたアイデアだ。ダイネットからもベッドからも観ることができる。
またWi-Fi機能付きナビ連動なので、スマートフォンからチャンネルや音量がコントロールできる他、スマートフォン内の音楽を車内のスピーカーで聞くことができる。

電装系:105Ahのディープサイクルサブバッテリーが2個標準装備されている。ただ、クーラーや電子レンジ、テレビや大型の冷蔵庫、あるいはIHコンロなど大電力装備が多いので、バッテリーの容量不足になる可能性もある。リチウムイオンバッテリーがオプション設定されているので、こちらをお勧めする。また発電機もオプション設定されているので、長期旅が多い場合は搭載すると便利だ。


価格:ディーゼルのダブルタイヤ仕様で955万円、ガソリン2WDシングルタイヤなら869万円。他モデルに比べると高価に見えるが、温水シャワーやクーラーなど、大物設備も含めたほとんどの装備が標準装備なので、大きな追加コストはリチウムイオンバッテリーや発電機程度だろう。

競合:ファミリー対応できるカムロードベースの5m超キャブコンで、エアコンや温水シャワーに対応できるモデルとしては、バンテックのジルシリーズ(例 ジル520:814万円~/温水シャワー、エアコン標準装備)と、ナッツRVのクレア5.3シリーズ(例 クレア5.3Z:682万円~/温水シャワー、エアコンはオプション)が多くのレイアウトバリエーションを揃える。アネックスのリバティ52DB52SP(801万円~/温水シャワー、エアコン標準装備:52DBのレビュー記事はこちら)は洗練されたインテリアや床暖房、温水システムなど先進の装備が特徴。LTキャンパーズのレガードネオプラス(835万円~/温水シャワー、エアコン標準装備:レビュー記事はこちら)は低重心で走行性能が特徴となっている。(いずれも税別価格)

まとめ:ダイレクトカーズはスタンダードキャブコンでは後発なだけに、トリップには多くの新しいアイデアを搭載して差別化を図っている。車載専用のコンパクトで高性能なセパレートクーラー、瞬間湯沸かし温水システム、大画面テレビなどがそうだが、ローポジションのダブルベッド、昇降式テーブル、あるいはベッドの独立したテーブルなど他モデルに無い発想も多く取り入れている。
また、同社は災害時のキャンピングカーの活用に取り組んでいる他、トリップは車内で如何に快適に楽しく過ごすか、を提案している。エンタテインメントがキャンピングカーの次のポイントになるのかもしれない。その意味でも、トリップはエポックメーキングなモデルと言える。

関連記事

モビリティホーム

リバティ52DB  

スティング5.0XX

 

モデル TRIP(トリップ)
ビルダー ダイレクトカーズ
一般  
ナンバー区分 8
乗車人数 7
前向き乗車人数 5
就寝人数 4
ベース車 カムロード
ルーフ架装 -
レイアウト  
ダイネット形態 対座
マルチモードシート -
ベッド
縦置きダブルベッド
バンクベッド
常設ベッド
ギャレー  
コンロ ○(600W IHコンロ)
シンク
給水タンク ○(135L)
排水タンク ○(75L)
冷蔵庫/設置スペース ○(2ドア)
電子レンジ/設置スペース OP/○(上部棚)
空調  
ベンチレーター
サンルーフ ○(ポップアップウインドウ)
FFヒーター
冷房設備 ○(COOL STAR)
電装系  
サブバッテリー ○(105Ah x2)
バッテリー増設 OP(リチウムイオンバッテリー)
走行充電システム
外部100V入力/充電 ○/○
インバーター ○(1500W)
ソーラーシステム ○(215W)
発電機 OP
ナビ/テレビ  
ナビシステム ○(Wi-Fi対応)
テレビ ○(32インチ)
サイズ  
全長(mm) 5,150
全幅(mm) 2,160
全高(mm) 3,000
価格(税別)  
2WDガソリンシングルタイヤ 869万円~
2WDディーゼルシングルタイヤ 935万円~
2WDディーゼルダブルタイヤワイドトレッド 955万円~
4WDディーゼルシングルタイヤ 963万円~

2020年2月現在  (○は標準装備/OPはオプション)
価格は千円台切り上げ(税別)

動画はこちら

2020.2.6