トム200PLUS:セキソーボディ


トム200PLUSはセキソーボディが製作する、ハイエース標準ボディをベース車にしたキャブコンキャンピングカー。

同社はトムバロントムタンデムといったハイエースベースのキャブコンを中心にラインアップしており、トラックベースのカムロードとは一味違ったスタンダードキャブコンを特徴としている。

トム200シリーズはハイエース標準ボディをベース車にしているため、スタンダードキャブコンと言ってもかなりコンパクトな部類に入る。標準ボディをベース車にするキャブコンはモデル数も少なく、貴重な存在でもある。

トム200シリーズには対座ダイネット、2段ベッド、トイレルームを持つトム200のほか、ラウンジシートとハイマウントダブルベッドのトム200Lがある。今回対座ダイネットとハイマウントダブルベッドの組み合わせのトム200PLUSが追加された。

(記事中の価格は全て税別です)


コンセプト

ハイエース標準ボディをベース車にすることにより、コンパクトで動力性能も優れたキャブコンとしている。ハイエースは商用車ながらカムロードほど商用車臭くないところも魅力だ。

トム200PLUSは2段ベッドとトイレルームを持つトム200に対し、トイレルームを廃し、ハイマウントダブルベッドを採用している。トイレルームは不要だが、広いダブルベッドが欲しいという要望に応えたレイアウトだ。

また、2列目シートが前向きにセットできることにより、6名が前向き乗車でき、6名が就寝できる。このクラスのキャブコンでは大勢が長距離移動でき就寝できる数少ないモデルだ。


エクステリア

 トム200のエクステリア

ベース車はハイエース標準ボディDXで、これに同社オリジナルの軽量アルミシェルを架装している。同社のアピールポイントは「ハイドロバックパネル」を採用したアルミシェルによる徹底した軽量化で、これにより重くなりがちなキャブコンの動力性能を補っている。

バンクは張り出した形ではなく、ボディラインに沿ったスマートな形になっている。ただし後述するように、バンクベッドは用意されている。

またボディサイズは4980x1920mmで、一般的な5x2mの駐車枠に駐車できるのもフットワークの良さにつながっている。ちなみに5mを切るカムロードベースのキャブコンでも、車幅は2mを超えるものがほとんどで、一般の駐車枠に収まらない。




インテリア

 インテリアは様々な素材や色を選択できる

展示車は写真のようなインテリアになっていたが、家具色やシート生地をどの程度選択できるかは不明。インテリアは特に豪華なものではないが、山小屋風のデザインは今までの同社のモデルには無かったものだ。

家庭用エアコンの室内機も同じ板材でカバーされており、インテリアの統一感が追及されている。従来のトム200のインテリアはシンプルで無機質な感じがあったが、トム200PLUSのこのインテリアは温かみがあるインテリアになっている。


レイアウト

トム200は2段ベッドとトイレルームの構成だったが、PLUSではトイレルームを無くし、ハイマウント横置きダブルベッドは配置されている。

2段ベッドは高所に上る必要があり、年配のユーザーには使い難い面があったが、ダブルベッドになりベッドに上がりやすくなった。

 2列目シートは前向きにセットできる(写真はトム200:セキソーボディ)

なお、トム200PLUSの特徴はスタンダードキャブコンでは珍しく、2列目シートにマルチモードシートを使用していること。即ち前向きに6名が乗車できる(乗車定員は7名)。大人数でのロングドライブも可能だ。


ダイネット

 トム200PLUSのダイネット

2列目シートを後ろ向きにすると、4名でテーブルを囲むダイネットになる。上の写真にテーブルが映っていないが、テーブルは標準装備される。

なお、ダイネットは展開してベッドになり、2名が就寝できる。


ベッド

 後部の横置きダブルベッド

トム200PLUSは後部に大きな横置きダブルベッドを配置する。大きさの数値データは無いが、2名が車幅方向に就寝することができる。

 引き出してセットするバンクベッド

また、バンクベッドでも2名が就寝できる。バンク自体は張り出しがなくスマートな形状なため高さがあるわけではないが、引き出すと大人が2名就寝できるベッドになる。

 ダイネット展開ベッド(写真はトム200:セキソーボディ)

更に、ダイネットを展開するとここでも2名が就寝でき、全てのベッドを使用すると6名が就寝できる。即ち、6名が前向き乗車でき就寝できるので、大勢のファミリーで長距離を移動し車中泊することができる。


ギャレー

 ギャレーコンソールにビルトインされたシンク

ギャレーコンソールはコンパクトで、上面はほぼ全てシンクが占めている。ただしシンクは大きく、中皿程度でも洗える大きさだ。

下には各10Lの給排水タンクが収納されており、エントランス側に扉があるので、車外から出し入れできる。調理するスペースがほとんど無いので、料理を作りたいユーザーには向いていない。

コンロを頻繁に使いたい場合は、このシンクの代わりにコンロ一体型のシンクの設置を相談するとよいだろう。


冷蔵庫/電子レンジ

 49L冷蔵庫が標準装備される

冷蔵庫は49Lの横開き式冷凍冷蔵庫が標準装備される。冷凍室があるので、冷蔵と同時に製氷できる。なお、電子レンジはオプション設定されていない。


ユーティリティールーム

トム200PLUSはユーティリティールームを廃したのが特徴のレイアウトなので、トイレは設置できないが、子供用にポータブルトイレを積んでおくことはできる。ベッド下が大きな収納庫になるので、多少背の高いポータブルトイレでも収納できる。


収納

 ダイネット上のオーバーヘッド収納

オーバーヘッド収納がダイネットの上とギャレー上に設置されている。

 外部収納へのアクセス

また、後部ハイマウントベッド下は大きな収納スペースになっており、外部からアクセスできる。ただし扉は後部のみで、開口部はそれほど大きくない。自転車等は小型のものに限られる。

 ベッド下の外部収納

ただし内部は広く、大きなバッグやキャンプ用品等も余裕で積み込める。車内からもアクセスできる、というかベッド下はオープンスペースになっているので、どちらかと言えば車内からアクセスする方に重点が置かれているようにも見える。

なお、ベッド下収納の扉が無いため、車内から収納内が見えてしまう。アクセス性は良いのだが、簡易なバンコンのようで折角のインテリアが損なわれる。トム200も同様だが、やはり扉があった方が良いのではないだろうか。


空調

 家庭用エアコンがオプション設定されている

暖房はFFヒーター、冷房は家庭用エアコンがオプション設定されている。エアコンの室内機は最後部に取り付けられており、更にインテリアを損なわないように周囲と同じ木材でカバーがされている。

なお、室外機は車体右側後部に設置されているが、扉が付けられている。即ち、使用時はいちいち車外に出て扉を開ける必要がある。これはかなり面倒だ。

走行時の風雨から室外機を保護する目的と思われるが、ほとんどのキャブコンではスリットなどを入れているだけなので、風雨の問題はあまりないのではないだろうか。

なおベンチレーターはオプションとなっている。これも標準装備にしてほしいところだ。


テレビ/ナビ

ナビは希望のものを取り付け可能と思われるが、テレビは特にオプション設定されていない。希望により取り付けは可能だろう。


電装系

105Ahのディープサイクルバッテリーが1個と走行充電が標準装備される。外部電源入力とこれによる充電機能はオプション。

ただしこのままでは走行充電しかなく、満足に充電できない。家庭の駐車場に100V電源がある場合や外出先で100V電源が取れる場合は、オプションの外部電源入力とこれによる充電機能を装備しておきたい。

また160Wのソーラーシステムがオプション設定されている。これを付けておくと、家庭の駐車場に100V電源が無くてもある程度充電できる。

もちろんエアコンを装備する場合は外部電源はもちろん、サブバッテリーでエアコンを動作させるにはサブバッテリーの増設や大容量インバーターも必要になる。なお、リチウムイオンバッテリーが理想的だが、オプション設定はされていない。


価格(2020年12月現在:千円台切り上げ:税別)

2WD/6ATで589万円。装備しておきたいオプションはFFヒーターはもちろん、家庭用エアコンが挙げられる。家庭用エアコンは20万円と高価だが、夏場にキャンピングカーを使いたい場合は必需品だ。

その他、先述のように外部電源入力と充電機能は装備しておきたい。またベンチレーターも是非付けておきたい。


他モデル

ハイエース標準ボディをベース車にするキャブコンはタコスのベリー(482万円~)とファンルーチェのウラルエイジア(655万円~)、それとカトーモーターのボーノクイーン(710万円~)がある。

トム200PLUSと同じコンセプトのレイアウトを持つのはウラルエイジアで、これも家庭用エアコンが装備できる。


まとめ

トム200PLUSはコンパクトなキャブコンながらハイエースベースでプレステージが高く、更に6名が前向き乗車でき就寝できるのを大きな利点としている。大勢でドライブしたり就寝するなら、最適のモデルと言える。

なお、トム200シリーズにはトム200Lという二人旅仕様も用意されている。これはラウンジダイネットを持つキャブコンで、優雅な二人旅を実現できる。これもまた、他にはないレイアウトだ。

 トム200Lのラウンジダイネット

関連記事

トム23

トム200

ウラル エイジア

     

モデル トム200PLUS
ビルダー セキソーボディ
ナンバー区分 8
乗車人数 7
前向き乗車人数 7
就寝人数 6
エクステリア  
ベース車 ハイエース標準ボディDX
シェル アルミパネル
サイドオーニング OP
足回り -
エントランス センター
アクリルウインドウ
サンルーフ -
レイアウト  
ダイネット形態 対座
マルチモードシート ○(2列目シート)
ベッド
ダブルベッド
バンクベッド
ダイネットベッド
ベッドサイズ(mm) ?
ギャレー  
コンロ
シンク
給水タンク ○(10L)
排水タンク ○(10L)
冷蔵庫 ○(49L横開き式)
電子レンジ -
個室  
ユーティリティールーム -
カセットトイレ -
ポータブルトイレ OP
防水処理 -
温水シャワー -
瞬間湯沸かし -
専用手洗い -
空調  
ベンチレーター OP
FFヒーター OP
家庭用エアコン OP
床暖房 -
電装系  
サブバッテリー ○(105Ah x1)
バッテリー増設 OP?
リチウムイオンバッテリー -
走行充電システム
外部100V入力/充電 OP/OP
インバーター OP
ソーラーシステム OP(160W)
発電機 -
ナビ/テレビ  
ナビシステム OP
テレビ -
サイズ  
全長(mm) 4,980
全幅(mm) 1,920
全高(mm) 2,670
価格 (税別)  
ガソリン2WD/6AT 589万円~

2021年2月現在  (○は標準装備/OPはオプション)
価格は千円台切り上げ(税別)

動画はこちら

 

2021.2.20