ACSリトルノオクタービアM


ACSリトルノオクタービアMはRVビックフットが製造販売するバンコンキャンピングカー。
ハイエーススーパーロングをベース車にしており、外観の変更はなく、内装の架装が中心となっている。
同社は多くのバンコンモデルやキャブコンモデルをラインアップしているが、ハイエーススーパーロングを外装架装なしに使っているのは、このモデルのみ。

ACS(AC System)は同社がコンセプトとする、太陽光発電と大容量バッテリーによる電装システムの愛称で、ACSリトルノオクタービアMにも計310Wのソーラーパネルと105AHのサブバッテリー2個が搭載されている。
これにより電気を自家発電し、必要な電気を賄うことにより、長期旅でも電装品を稼働し続けることができるとしている。


レイアウトは前部にギャレーとそれに対向するソファダイネット、後部にハイマウントダブルベッドの構成。
即ち、ふたり旅に適した仕様となっている。
特に、常設ベッドは、就寝前にベッドセッティングする必要が無く、またダイネットを展開する必要が無いので、一人が先に就寝しても、ダイネットで過ごすことができる。

インテリアはイメージカラーがホワイト系で統一された美しい非日常な空間。
車名の最後に付く”M"は無垢材を使用した家具を使っている上級仕様となっている。
高品質な家具と美しいインテリアで、プレミアム感満載の室内である。

ギャレーにはシンクとコンロがビルトインされているが、コンロはIHコンロを採用。
ガスを使用しないので、安全性面では安心できる。
また、ギャレー横には130リッターの大型冷蔵庫を設置。
バンコンで、いや、キャブコンでも、この大きさの冷蔵庫を搭載しているモデルは、相当大型のものを除き他にないだろう。
更に、オプションだが、オーブン電子レンジも用意されている。
太陽光で発電される豊富な電気により、大型家電品を惜しみなく搭載している。
なお、1500Wのインバーターも標準装備されている。


ベッドは後部のハイマウントダブルベッドのみで、ダイネットを展開してエマージェンシーベッドとすることはできない。
ただし、ベッドを前部に拡張するベッドボードが用意されており、多少の拡張は可能。
小さな子供との、短期間のクルマ旅なら可能だろう。

ベッドの大きさは1800x1400mmで、幅は家庭用ダブルベッドと同じサイズ。
大人2名なら窮屈な思いをすることは無いだろう。

ダイネットは対座ではなく、横置きソファを採用。
2名なら、ゆったり座って寛ぐことができる。
また、縦置きの対座シートではないので、動線が確保され、車内で移動し易い。
こういったところも、ふたり旅専用で設計されているため、余裕がある。


収納は、ギャレー上、ベッドルーム上にオーバーヘッド収納があり、また、ギャレー周りにも用意されているので、足りないということは無いだろう。
更にベッド下には広大な収納があり、大型の荷物も積むことができる。
折り畳みの自転車なども持っていくことができるだろう。

電装系は上に書いた通り、大容量のソーラーパネルの他、もちろん走行充電、外部100V入力充電も可能。
ソーラーパネルで発電する電気があれば、長期旅でも、途中で外部充電できる施設を探す必要はない。

ただし、それは晴天である場合で、曇りや雨の日が続けば、当然発電量は落ちる。
また、サブバッテリーは105Ahが2個なので、冷蔵庫や電子レンジ、あるいはIHコンロといた大容量家電の電気を供給し続けるのは、少し荷が重いかもしれない。
いずれにしても天気次第なので、あまり過信しない方が良いだろう。

IHコンロは確かに安全ではあるが、使用電気量を考えるとカセットガスコンロに変更しても良いかもしれない。
また、130リッターの大型冷蔵庫もあると便利なのは間違いないが、ふたり旅ならそこまで大きな冷蔵庫の必要性は無いかもしれない。
小型の冷蔵庫に変更して、消費電力を抑えるとともに、空いた空間を収納スペースにするといったことも考えられる。

空調はFFヒーターがオプションで用意されているので、これは是非装備したい。
ただ、家庭用エアコンはオプションでも設定されていない。
家庭用エアコンを装備するためには、かなり大きなスペースを要するので、現行モデルに付けるのは難しいと思われるが、このグレードのモデルであれば選択肢が欲しいところではある。


モデル ACSリトルノオクタービアM
ビルダー RVビックフット
ルーフ架装 -
ナンバー区分 8
乗車人数 4
就寝人数 2
ベース車 ハイエーススーパーロング
ダイネット形態 縦置きロングソファ
ベッド形態 ハイマウントダブルベッド
サブバッテリー ○(105Ah x2)
バッテリー増設 -
走行充電システム
外部100V入力/充電
インバーター
大容量インバーター ○(1500W)
ルーフベンチレーター -
サンルーフ -
コンロ ○(IH)
シンク
給水タンク ○(20L)
排水タンク ○(20L)
冷蔵庫 ○(137L)
電子レンジ OP
ユーティリティールーム -
ポータブルトイレ -
カセットトイレ -
カーテン/ブラインド
FFヒーター OP
ルームエアコン -
シャワー設備 -
温水装置 -
発電機 -
ウインドウ架装 -
アクリルウインドウ -
サイドオーニング OP
ソーラーシステム ○(155W x2)
全長(mm) 5,380
全幅(mm) 1,880
全高(mm) 2,380
価格 494万円~(2WD/6AT)

2017年1月現在  (○は標準装備/OPはオプション)
価格は千円台切り上げ(税別)

リトルノオクタービアMの動画はこちら

2017.1.18