ACSプルミエM5.7 RVビックフット


ACSプルミエM5.7は、RVビックフットが製作する、ハイエーススーパーロングベースのキャブ・コンバージョンキャンピングカー。ハイエースのボディ後部をカットしてFRP製のシェルを架装している。
従来のACSプルミエ5.6から全長が10cm長くなっているがレイアウトはほぼ同じ。違いは家具を無垢調材で製作しているところだ。

同社は、バンコン、キャブコン、そしてバスコン、フルセミコンと幅広いラインアップを揃えているが、特にACSシリーズは同社のコンセプトを担ったもの。
ACSはAC Systemの意味で、大容量のバッテリーとソーラーシステムを使用し、電気製品をAC100Vで動作させようというもの。そのため100V仕様の冷蔵庫やIHコンロが採用されている。ガスを無くし、自然環境にやさしいキャンピングカーとしている。

エクステリアは、ハイエースのフロントラインを延長した自然で美しいシェルを架装。バンクレスの優雅なシルエットを持ち、5700mmの全長はスーパーロングよりも長い。
ハイエーススーパーロングベースのキャブコンは、実はあまり多くなく、このサイズのキャブコンはカムロードベースが主流だ。しかし動力性能に優れ、トラックの面影がないハイエースベースのキャブコンは根強い人気がある、

インテリアは、ACSシリーズ特有の白を基調とした非日常感溢れるもので、特に女性に人気がある。内装色は選択できるが、やはり白ベースが人気のようだ。
また、間接光をふんだんに取り入れた演出も、豪華さに一役買っている。

ダイネットは、あえて対座ではなくL字型ソファを採用。バンクベッドを持たず、常設は後部のダブルベッドだけなので、明確に二人旅仕様のレイアウトだ。
ただし、ダイネットにはプラス1名分の単座シートが用意されているので、たまに子供や孫が同行する場合やチャイルドシートが必要な場合も対応できる。

 L字型ソファダイネットとキャプテンシートが置かれたダイネット

ベッドは後部にハイマウントダブルベッドを設置する。大きさは1850x1300mmで大人が2名就寝できる。
また、ダイネットのソファを展開してエマージェンシーベッドにできるので、子供や孫がたまに同行するといった場合、ここで就寝できる。

 最後部にはハイマウントダブルベッドを配置

ギャレーはエントランス後部に設置される。白で統一されたホーロー製のシンクやIHコンロが特徴。ただ調理用テーブルなどは無く、IHコンロも1口なので手の込んだ料理は作りにくい。また、ギャレーコンソールに引き出し収納がないため、食器の収納には多少不便だ。
ギャレーコンソールの隣には130リッターの2ドア冷蔵庫がある。これだけの容量があれば二人旅なら困ることはないだろう。
更に、電子レンジも標準装備されており、ちょっとした食事をするには大変便利だ。

 IHコンロが置かれたギャレー上部にはエアコンの室内機を設置

ユーティリティールームは、オプションのポータブルトイレを置いてトイレルームにすることもできる。カセットトイレは記載に無いが、キャブコンなのでおそらく設置可能だろう。

 ユーティリティールームにポータブルトイレを置いてトイレルームにすることができる

収納はフロントの3方向、リアのベッドルームの3方向にそれぞれオーバーヘッド収納が用意されており、十分な収納力を持つ。また、後部ベッド下は広い外部収納庫になっており、大きな荷物も積載できる。

空調は、家庭用セパレートエアコンが標準装備され、FFヒーターがオプション設定されている。エアコンは暖房もできるが、効率はFFヒーターの方が良いので、FFヒーターを装備しておくのが良いだろう。またベンチレーターも標準装備されている。

電装系は、ACSシリーズの大きな特徴でもある。まず、サブバッテリーは105Ahが2本標準装備される。また155Wのソーラーパネルが2枚装着可能で、オプションで最大765Wのパネルが装着できる。1500Wのインバーターも標準装備されているので、エアコンや電子レンジをバッテリー駆動できる。
しかし、こうしてみるとサブバッテリーが脆弱に見える。エアコンを実用的なレベルで使ったり、100Vの大型冷蔵庫を常時駆動したり、電子レンジも使うとなると、鉛バッテリー2本では多少心もとない。
リチウムイオンバッテリーの設置が可能か分からないが、少なくとも200Ah以上のリチウムイオンバッテリーを搭載したいところだ。

価格は767万円~(2WD 6AT /税別)。ハイエーススーパーロングベースのキャブコンとしてはアネックスのリバティNFシリーズ(NF-Sは825万円~/同)やセキソーボディのトムバロン(840万円~/同)がある。これらは全てバンクレスだ。

ACSプルミエM5.7はハイエースベースで外観、動力性能とも良く、インテリアはお洒落で非日常的な室内は人気が高い。更にACSにより快適な電化環境を得られるだろう。

RVビックフットのWebサイトはこちら


 

モデル ACSプルミエM5.7
ビルダー RVビックフット
ベース車 ハイエーススーパーロング
形態 キャブコンバージョン
ルーフ架装 -
ナンバー区分 8
乗車人数 6
就寝人数 3
ダイネット形態 L字型ソファ
ベッド形態 ハイマウントダブルベッド
ダイネット展開フロアベッド
コンロ ○(IH)
シンク
給水タンク ○(20L)
排水タンク ○(20L)
冷蔵庫 ○(130L)
電子レンジ
ユーティリティールーム
ポータブルトイレ OP
カセットトイレ OP?
温水シャワー設備 -
ルーフベンチレーター
サンルーフ -
FFヒーター OP
ルームエアコン
サブバッテリー ○(105Ah x2)
バッテリー増設 OP?
走行充電システム
外部100V入力/充電
インバーター ○(1500W)
発電機 -
ソーラーシステム ○(155W x2)
全長(mm) 5,700
全幅(mm) 1,950
全高(mm) 2,680
価格 767万円~(2WD/6AT)

2019年2月現在  (○は標準装備/OPはオプション)
価格は千円台切り上げ(税別)

ACSプルミエM5.7の動画はこちら

2019.2.23