Reabro(リブロ) ビークル


リブロはビークルが製作する、NV350キャラバン標準幅スーパーロングをベース車にしたバン・コンバージョンキャンピングカー。
同社はバンコン専門ビルダーで多くのラインアップを揃えるが、リブロはその中でブロス、デュオとともに日産NV350キャラバン標準幅スーパーロングを採用している。

エクステリアへの架装は無く、外観はノーマルと同じなのでキャンピングカーとして目立つことは無い。従って日常使用も可能だが、5mを少し超える全長は、コインパーキングなどでは多少扱いにくいかもしれない。また、5mを境に料金が変わるフェリーでは、たった8cmオーバーするため割高になる。
しかしワイド幅ではないので、その点は運転しやすいだろう。

レイアウトは、2列目にマルチモードシート(REVO)を採用し、3列目に横向き対座シートを配置する。後部には収納家具があり、右側の家具はシンクを持つギャレーコンソールになっている。


ダイネットは、2列目シートと3列目シートとでコの字型ダイネットとなり、テーブルを囲むことができる。この形がリブロの特徴で、3列目を前向きシートにしたブロスと異なるところだ。ブロスの場合は、運転席、助手席を合わせて7名が前向き着座してドライブできるのに対し、リブロでは計5名に留まる。
しかし3列目シートが横向き対座のリブロでは、後部への移動がスムースになる。
5名以内で使用するなら、リブロの方が使いやすいだろう。


ベッドはシートを全てフラットにしてセットする。2列目シートの展開は多少面倒だが、3列目シートは比較的簡単に展開できる。ブロスでは3列目シートも2列目と同じような作業が必要なため、ベッド展開はリブロが有利だ。
ベッドサイズは、2100x1500mmで、家庭用ではワイドダブルベッドの大きさ。大人2名がゆったり就寝できる。

また、上段ベッドボードが標準で用意されており、これをセットすると、ここでも大人1名と子供1名が就寝できる。
従って、5名のファミリーなら、全員前向きで着座してドライブでき、ゆったり就寝ができるわけだ。


ただ、上段ベッドボードは使わない場合、右側上部のルーフサイドに固定することになっており、ここに固定するのは一苦労しそうだ。
上段ベッドを常設しておいても良いが、その場合ギャレーは使えなくなる。

ギャレーは後部右側にあり、丸形のシンクがビルトインされている。シャワーフォーセットは引き出して車外で使うこともできる。ペットの足を洗う場合などに便利だろう。
給排水タンクは各10リッターだが、持ち運びを考えると、20リッタータンクより便利かもしれない。
なお、49リッターの冷蔵庫が標準装備される。電子レンジはオプション。


収納は、シート下とギャレーコンソールの下、そして後部左側の家具が用意されている。後部左側の家具は、電子レンジを選択した場合は大型のものに変更される。なお、オーバーヘッド収納がオプションで用意されている。

空調はFFヒーターがオプションで用意されるが、冷房設備は用意されていない。

電装系は、105Ahのサブバッテリーが1個標準装備される。走行充電に加え、外部100V入力も標準装備されるのはうれしい。

リブロの価格は413万円(2WD/5AT:税別)。NV350キャラバン標準幅スーパーロングをベース車にしたモデルは350万円台~450万円程度なので、平均的な価格と言える。
同じベース車を使用したモデルは15モデル以上あり、選択肢も多いが、リブロは5名以下のファミリーで使いやすいところがアドバンテージだ。

ビークルのWebサイトはこちら

 

モデル リブロ
ビルダー ビークル
ベース車 NV350キャラバンスーパーロング
形態 バンコンバージョン
ルーフ架装 -
ナンバー区分 8
乗車人数 7
就寝人数 3+2(小)
ダイネット形態 コの字型
ベッド形態 ダイネット展開フロアベッド
コンロ ○(卓上型カセットタイプ)
シンク
給水タンク ○(10L)
排水タンク ○(10L)
冷蔵庫 ○(49L)
電子レンジ OP
ユーティリティールーム -
ポータブルトイレ OP
カセットトイレ -
温水シャワー設備 -
ルーフベンチレーター OP
サンルーフ -
FFヒーター OP
ルームエアコン -
サブバッテリー ○(105Ah x1)
バッテリー増設 OP
走行充電システム
外部100V入力/充電 ○/OP
インバーター OP
発電機 -
ソーラーシステム OP
全長(mm) 5,080
全幅(mm) 1,695
全高(mm) 2,285
価格 413万円~(2WD/5AT)

2019年1月現在  (○は標準装備/OPはオプション)
価格は千円台切り上げ(税別)

リブロの動画はこちら

2019.1.24