7-1-1. 前部ダイネット+後部ハイマウントダブルベッド



ハイエーススーパーロングやNV350キャラバンワイドスーパーロングに多いレイアウトで、もっとも一般的なレイアウトのひとつです。

2列目にFASPREVOといったマルチモードシートを設置し、3列目の前向きシートとで対座ダイネットを形成します。3列目はマルチモードシートであったり固定シートだったりします。
このダイネットは、2列目と3列目のシートをフラットにすることにより、フロアベッドになります。
また、2列目シートは前向きにすると、前向き着座してドライブできます。運転席、助手席、2列目と3列目シートで、6~7名が前向き着座してドライブでき、すなわちミニバン的な使い方ができます。

後部はハイマウントダブルベッドで、車幅方向に就寝します。
ただし、ワイドボディでも、そのままではキャンピングカーのベッドとしての規定(1800mm)が満たせませんので、エクステンションウインドウで拡張しています。
横置きダブルベッドで1800mmを確保するには、ワイドボディでもエクステンションウインドウを架装する必要がありますので、当然標準ボディでは実現できません。

このレイアウトの特長は、二人旅にも、ファミリーにも対応できることです。
まず、前向きに着座できることから、ファミリーで長距離ドライブするのに適しています。
停泊時は対座して団らんできます。就寝時は常設のハイマウントダブルベッドの他に、ダイネットを展開してできるフロアベッドで、計4~5名が就寝できます。
二人旅の場合は、ダイネットをそのままにして常設ダブルベッドで就寝できます。

ユーティリティールームは設けていませんが、それは不要と考えるユーザーには最も適したレイアウトでしょう。

このレイアウトを持つモデルには、トイファクトリーのバーデン、D.V.DのダーウィンQ3(記事はこちら)、東和モータース販売のツェルト(記事はこちら)、ナッツのリークII(記事はこちら)、キャンパー鹿児島のレム セカンドアクト(記事はこちら)など数多くあります。

長所
・全員が前向き着座してドライブできる
・ファミリーでも二人旅でも使える
・常設ベッドを設置できる
・ベッド下に広い荷室が取れる
・後部ベッドボードを外すと背の高い荷物が積める
・二人旅なら、ダイネット展開せずに就寝できる

短所
・マルチモードシートの幅が広いと、運転席、助手席から後部へ移動し難い
・シートの後ろ向きセットやベッド展開が複雑で面倒
・後部のダブルベッドの身長方向が窮屈
・ユーティリティールームがない

 後部にハイマウント常設ダブルベッドを持つトイファクトリーのバーデン(記事はこちら