N-VAN Camper ホワイトハウス


N-VANは、ホンダが人気のN-BOXをベースに開発した商用車。軽キャンパーのベース車として注目されているが、ホワイトハウスのN-VANキャンパーもその一つだ。
ホワイトハウスとホンダの純正用品を開発、生産および販売する「ホンダアクセス」が共同で企画したモデルで、大きく開くサイドドアを生かした、新しい軽キャンパーのコンセプトが示されている。

N-VANキャンパーの特徴はポップアップルーフで、これはホワイトハウスが架装している。ホンダの販売店に行っても、ポップアップルーフ仕様は売っていない。
なお、ポップアップルーフを持たないモデルも選ぶことができる。

室内はいたってシンプル。N-VANのシートは畳むとフラットな荷室ができるので、その上に専用のエアマットを置いただけ。室内に特別に作りつけた家具などは存在しない。
ただ、荷室後部の下に引き出し収納が用意されているのが、唯一N-VANキャンパーの家具と言える。これはホンダの純正アクセサリーでは用意されていない。

 N-VANキャンパー専用に作られた引き出し収納

エアマットはシングルとダブルが用意されており、文字通り空気を入れて使用する。エアマットなので寝心地もよさそうだ。
そして、特筆できるのがその大きさ。N-VANの助手席、運転席シートも”ダイブダウン”できフラットになるので、まさにフロア全体がフラットベッドになる。軽自動車の室内とは思えない広さのフラットスペースが出現する。
ただし、フロントからリアまで一体になっているので、運転席、助手席に座る場合、エアマットの空気を抜いて片付けなければならない。即ち、後部に常に常設しておく、ということができないのが残念なところ。


収納は先の引き出し収納の他、ベッドボードの下に空間があり、ここに多少荷物を収納できる。ただし、車内から取り出すのは多少手間がかかる。


電装系では、”HOT Package”と呼ばれるグレードにサブバッテリーと走行充電が標準装備される。外部100V入力と、外部入力での充電はオプション。
また、このグレードにはエアヒーターと室内照明も標準装備される。

N-VANキャンパーには、"HOT Package"、"POP"、"POP HOT Package"の3グレードが用意されており、"POP"はポップアップルーフ仕様。
"HOT Package"には、上記の装備の他、全窓プライバシーカーテン、ドライブレコーダー、キャンパー専用エンブレムが標準装備される。

"POP"は、純正のN-VANにポップアップルーフが追加されたモデルで、価格はG仕様 2WDで1,889,000円(税別)。
N-VAN G仕様 2WDが1,174,000円(同)なので、ポップアップ架装非が715,000円(同)ということになる。

また、"HOT Package"は1,659,000円(同)なので、エアヒーター、サブバッテリー、プライバシーカーテンなどのキャンパー装備は485,000円(同)ということだ。
ちなみに"POP HOT Package"は2,439,000円なので、1,265,000円(同)の追加ということになる。
ベース車よりも高価になってしまうが、ポップアップルーフや完全にフィットしたキャンパー装備などは魅力的だ。

ポップアップルーフを持つ他の軽キャンパーは、おおむね200~220万円といったところが中心なので、N-VANキャンパーは多少高価な位置付けだが、ベース車の魅力を重視するならお勧めだ。

 

モデル N-VANキャンパー
タイプ POP HOT Package POP HOT Package
グレード G
ビルダー ホワイトハウス
ベース車 N-VAN
形態 軽バン・コンバージョン
ルーフ架装 ポップアップルーフ -
ナンバー区分 5 軽4
乗車人数 4
就寝人数 4 2
ダイネット形態 フラットフロア
ベッド形態 フラットフロア
コンロ -
シンク -
給水タンク -
排水タンク -
冷蔵庫 -
電子レンジ -
ユーティリティールーム -
ポータブルトイレ -
カセットトイレ -
温水シャワー設備 -
ルーフベンチレーター -
サンルーフ -
FFヒーター OP
ルームエアコン -
サブバッテリー ○(x1) OP ○(x1)
バッテリー増設 -
走行充電システム OP
外部100V入力/充電 OP
インバーター -
発電機 -
ソーラーシステム OP
全長(mm) 3,395
全幅(mm) 1,475
全高(mm) 2,040 1,850
価格 244万円~ 189万円~ 166万円~

2019年1月現在  (○は標準装備/OPはオプション)
価格は千円台切り上げ(税別)

N-VANキャンパーの動画はこちら

2019.1.5