Feel(フィール):オートショップアズマ


フィールオートショップアズマが製作する、トヨタライトエーストラックをベース車にしたキャブコンキャンピングカー。同社は、K-ai(ケーアイ)ラ・クーンといった軽キャブコンが有名だが、ワンクラス大きいライトエースベースのキャブコンもラインアップしている。
これにはハイルーフのシェルを架装したフィールの他、ポップアップルーフ付きのシェルを架装したエム・ホルーヴァがある。収納や装備に関してはフィールの方が充実しているが、ポップアップルーフを持つエム・ホルーヴァは、高さ制限のあるパーキングに駐車できるメリットがある。

フィール キャンピングカーファン

 エントランスより内部を見る

コンセプト:フィールは5m以下の車長で、コインパーキングにも駐車できるコンパクトな車体ながら、本格的なシェルを架装している。ユーティリティールームやギャレーを装備し、主に二人旅を想定したレイアウトを持つ。

エクステリア:FRPパネル方式のシェルを架装することにより、断熱性と防音性を確保している。またバンクを低くすることにより、全体的にスマートなシルエットになっている。

フィール キャンピングカーファン

 ゆったりくつろげるダイネット

インテリア:木の感覚を生かした家具は高級感があり、落ち着いた室内となっている。家具色は選択できないが、シート色は25種類から2種類を選択できる。

レイアウト:リアエントランスのレイアウトの定石通り、後部にギャレー、前部には横座り対座方式の広いダイネットを配置する。またユーティリティールームが後部右側に設けられている。横座りシートなので、前後の移動はスムースにできる。フルベッドモデル、エアコンモデル、ペットモデルがあり、主にシートの長さが多少異なる。

ダイネット:横座り対座のロングソファシートで、6名程度が着座できる。もちろん二人旅ならゆったり寛ぐことができる。テーブルは昇降式なので、ベッド展開時に取り外して収納する必要はない。

フィール キャンピングカーファン

  バンクベッドは子供用ベッドか、収納スペースとして使える

ベッド:ダイネットを展開すると2名就寝できるダイネットベッドになる。。ダイネットベッドのサイズは仕様によって異なり、エアコンモデルで1800x1150mm、フルベッドモデルで1860x1320(1800)mm、ペットモデルで1800x1200mmとなっている。いずれも大人2名が就寝できる。
バンクベッドは1800x1650mmで、家庭用ベッドのクイーンサイズの幅に相当する。ここでも大人2名が就寝でき、計4名が就寝できる。

フィール キャンピングカーファン

 最後部に配置されたギャレー

ギャレー:最後部に配置されているが、実用的な大きさのシンクがビルトインされており、中皿程度なら洗うことができる。コンロは標準装備だがポータブルコンロなので、使用する場合はセットする必要がある。

冷蔵庫/電子レンジ:49Lの冷蔵庫が標準装備される。電子レンジはオプションで、ギャレー上部かエントランス横のキャビネット上部に設置できる。

フィール キャンピングカーファン

 防水処理されたユーティリティールーム

ユーティリティールーム:オプションのポータブルトイレを置いてトイレルームにすることもできる。カセットトイレも設置可能。防水処理もされているのでペットの足を洗ったりするのに便利だ。

フィール キャンピングカーファン

 ダイネットソファ―下の収納

収納:ダイネット上の両側とギャレー上にオーバーヘッド収納が備えられており、奥行きもあるので実用的に使用できる。また、ギャレーには引き出し収納も用意されており、小さな食器や箸やスプーンなども収納しておける。
更に、ダイネットシートの下は大きな収納スペースになっており、大きめのバッグなども収納できる。

フィール キャンピングカーファン

 オプションでウインドウクーラーが装備できる

空調:FFヒーターがオプションで用意されている。また冷房に関してはウインドウクーラーがオプションで設置できる。位置はエントランスの横。外部100V電源の他、サブバッテリーでも運転することができる。(オプションのインバーターが必要)

テレビ/ナビ:19インチテレビがオプション設置されている。またナビはオプション。

電装系:105Ahのディープサイクルバッテリーが2個標準装備される。標準で2個用意されるので、電気に関する安心感は高い。外部100V入力は標準装備されるが、これによるサブバッテリーの充電機能はオプション。
またインバーターもオプション設定となるので、100Vの家電品を車内で使う場合は装備する必要がある。なお、リチウムイオンバッテリーの搭載は不可となっている。


価格:2WD/4AT が438万円~(税抜)。4WD/4ATは462万円~(同)。追加費用として、サブバッテリーは標準で2個付いているので追加する必要は無いが、インバーターやFFヒーター、外部100Vによるサブバッテリーの充電機能は付けておきたい。また、ウインドウエアコンがあれば夏場は快適に過ごせる。

他車:タウンエース/ライトエースベースのキャブコン(ポップアップルーフは除く)は以下のモデルがリストアップされる。(いずれも2WD/4AT:税別)

アレン エートゥゼット 380万円~ レビュー記事はこちら
トム23 セキソーボディ 420万円~ レビュー記事はこちら
ネオ・ユーロ かーいんてりあ高橋 395万円~ レビュー記事はこちら
レジストロ・アウル M.Y.Sミスティック 410万円~ レビュー記事はこちら

アレンは2段ベッド仕様のType1と、ダブルベッド仕様のType2が選択できる。トム23は2列目にマルチモードシートを採用、6名が前向きでドライブできる。ネオ・ユーロは新たにスライドアウト機構を持ったネオ・ユーロ スライドアウトが追加された。レジストロ・アウルは独特の外観と山小屋風のインテリアで、かつ大きなバンクで広い室内を持つ。

まとめ:フィールはコンパクトなベース車ながら本格的なシェルを持つキャブコンで、扱いやすさと居住性の両立を図っている。限られたスペースながら、広いダイネット、実用的なギャレー、そしてユーティリティールームまで備わっている。
二人旅を想定した無理のないレイアウトで、ウインドウエアコンがオプション設定されているのも嬉しい点。涼しく快適な二人旅が期待できる。

関連記事

アレン レジストロ・アウル トム23


モデル フィール
ビルダー オートショップアズマ
一般  
ナンバー区分 8
乗車人数 5
前向き乗車人数 2
就寝人数 4
ベース車 ライトエーストラック
ルーフ架装 -
レイアウト  
ダイネット形態 横座りロングシート対座
マルチモードシート -
ベッド
ダイネット展開ベッド
バンクベッド
常設ベッド -
ギャレー  
コンロ ○(卓上型カセットタイプ)
シンク
給水タンク ○(16L)
排水タンク ○(16L)
冷蔵庫/設置スペース ○(49L)/○
電子レンジ/設置スペース OP/○
空調  
ベンチレーター OP
FFヒーター OP
冷房設備 OP(ウインドウクーラー)
電装系  
サブバッテリー ○(105Ah x2)
バッテリー増設 -
走行充電システム
外部100V入力/充電 ○/OP
インバーター OP
ソーラーシステム OP
発電機 -
ナビ/テレビ  
ナビシステム OP
テレビ OP(19インチ)
サイズ  
全長(mm) 4,690
全幅(mm) 1,940
全高(mm) 2,600
価格 (税別)  
2WD/4AT 438万円~
4WD/4AT 462万円~

2020年3月現在  (○は標準装備/OPはオプション)
価格は千円台切り上げ(税別)

動画はこちら

2020.3.15