カントリークラブ レクビィ


カントリークラブはレクビィが製作するハイエーススーパーロングベースのバンコンキャンピングカー。同社はバンコン専門に製作しており、ハイエンドのハイエーススーパーハイルーフベースのモデルから軽キャンパーまでラインアップしている。

カントリークラブはその中にあってロングセラーモデルで、同社の看板モデルの一つ。
特徴は、スーパーロングの全長を生かした縦置き2段ベッドと最後部の完全防水シャワールーム。この組み合わせは同社のファイブスターとともに、他社モデルではあまり見られないレイアウトだ。
ちなみに、ファイブスターとの違いは、ダイネットとギャレーの考え方で、どちらかというと4名が対座できるダイネットを持つファイブスターはファミリー向け、カントリークラブはふたり旅向けの印象が強い。

 縦置き2段ベッド

なお、カントリークラブは標準モデルと、主要なオプションを標準装備したSuperior仕様が選択できる。また、ハイエーススーパーロングにハイルーフを架装したカントリークラブ ハイキングもラインアップされている。

カントリークラブのダイネットはテーブルを挟んだ単座の対座シートで、二人ならこれだけで着座できる。横の2段ベッドの上段を下ろすと下段ベッドに腰かける形でロングソファになり、上段ベッドは背もたれとして使用できるようになっている。

 上段ベッドを下ろしてロングシートの背もたれにできる

単座の対座シートは前向きにもセットでき、運転席、助手席を含めると4名まで前向き乗車してドライブできる。

ベッドはメインの2段ベッドの他、単座シートもフラットにすると下段ベッドは3名が就寝できるフロアベッドになり、上段ベッドと合わせて4名が就寝できるので、ファミリーでの使用も可能だ。

 下段ベッドはダブルベッドになる。

ギャレーは前部に配置されており、L字型のキッチンは十分な広さを持つ。
シンクは織部焼の陶器製で、カントリークラブが何か落ち着いた和風な雰囲気を持つキーアイテムとなっている。また、49リッターの冷蔵庫が標準でビルトインされている。

電子レンジはオプションだが、中央下段にすっきり収納できる。
また、このスタイルのギャレーで問題になるのが、運転席、助手席から後部への移動だが、ギャレーコンソールの天板を跳ね上げることができるので、後部への移動も問題ない。

 運転席、助手席からの移動もスムース

なお、バンコンでは主流になりつつあるが、カントリークラブでもコンロはビルトインではなく、卓上型カセットコンロを置くスタイルになっている。確かに、コンロを埋め込むスペースが無いが、いちいちセットしなければならないので頻繁に使う場合は面倒だ。
また、ベンチレーターは後部にあるので、調理をするのには最適のキッチンとは言えない。車内で簡単な食事をしたいという場合は、電子レンジをビルトインして簡単な調理をする程度にしておくのが良いだろう。

後部の完全防水ルームには、独立したシャワーフォーセットとシンクが設置されている。給排水タンクは専用に用意されており、各19リッター。ただし温水ではない。
即ち、このシャワールームは、主に夏場に海水浴などをした後にシャワーを浴びる、という想定に見える。

 最後部に設けられたシャワールーム

折角このようなシャワールームがあるなら、やはり温水シャワーが欲しいところだ。
もちろん、そのための設備や排水タンクも必要になるし、コストもかかる。しかし、もちろんオプションでも良いので、そのようなソリューションが用意されていれば、このシャワールームの存在意義が大きくなると思われるのだが。
ちなみに、同社のフラグシップであるシャングリラ/Ⅱには温水設備が用意されている。

収納は、ロングシート下が大きな収納スペースになっている。
高さが十分高いわけではないので、大きなバッグなどは厳しいかもしれない。
また、ギャレー上と単座シート上にオーバーヘッド収納が用意されている。ただ、この収納は奥行きが浅く底面も狭いので、食器などを収納するのには向かない。確かに、あまり底面を広くすると、立ち上がったときに頭をぶつける心配があるが、もう少し実用的な収納が望まれる。

 ダイネット上のオーバーヘッド収納

2段ベッドの上には、収納式の長い棚があり、これは寝具などを収納して置く想定とのこと。この棚は左右のベルトで固定されており、片手で棚を支えながらベルトを片手で外す必要がある。展開がもう少し簡単であれば良いのだが。

空調はFFヒーターがオプション設定されているが、家庭用エアコンの用意はない。これもシャングリラ/Ⅱには標準装備されている。シャングリラ/Ⅱはスーパーハイルーフ仕様なので、家庭用エアコンの装備が可能となっているのかもしれないが、他社モデルでは通常のハイルーフスーパーロングでも実現されているので、オプション設定して欲しいところだ。

電装系は115Ahのサブバッテリーが1個(Superiorは2個)標準装備される。また走行充電はもちろんだが、外部100V入力/充電も標準装備。
ただしインバーターはオプション(Superiorは1500Wのものが標準装備)。電子レンジを装備する場合は、これも同時に必要となる。

カントリークラブはロングセラーを誇る完成度の高いモデルなので、使い勝手にマッチすれば高い満足度を得られるだろう。
なお、同社にはフラグシップのシャングリラ/Ⅱがあり、完全なふたり旅仕様なら、価格は更に高価になるが、こちらを選択する手もある。
しかし、ふたり旅がメインながら、たまにはファミリーで使うなら、カントリークラブは理想的なレイアウトのひとつと言える。

モデル カントリークラブ カントリークラブ
Superior
ビルダー レクビィ
ルーフ架装 -
ナンバー区分 8
乗車人数 7
就寝人数 4
ベース車 ハイエースSL
ダイネット形態 単座対座+ロングソファ
ベッド形態 縦置き2段ベッド
サブバッテリー ○(115Ah x1) ○(115Ah x2)
バッテリー増設 OP -
走行充電システム
外部100V入力/充電
インバーター OP
大容量インバーター OP(1500W) ○(1500W)
ルーフベンチレーター
サンルーフ -
コンロ ○(卓上型カセットタイプ)
シンク ○(織部焼)
給水タンク ○(16L/19L)
排水タンク ○(16L/19L)
冷蔵庫 ○(49L)
電子レンジ OP
ユーティリティールーム ○(完全防水)
ポータブルトイレ OP ○(ポータブル)
カセットトイレ -
カーテン/ブラインド
FFヒーター OP
ルームエアコン -
シャワー設備
温水装置 -
発電機 -
エクステンションウインドウ -
アクリルウインドウ -
サイドオーニング -
ソーラーシステム OP(145W) ○(145W)
全長(mm) 5,380
全幅(mm) 1,800
全高(mm) 2,400
価格 520万円~(2WD/4AT) 600万円~(2WD/4AT)

2016年8月現在  (○は標準装備/OPはオプション)
価格は千円台切り上げ(税別)

カントリークラブの動画はこちら

2017.12.16