アルファType2 エートゥーゼット


アルファType2はエートゥーゼットが製作する、日産NV200バネットベースのライトキャブコン。NV200バンのボディをカットしてFRPのシェルを架装している。
同社はボンゴベースのライトキャブコン「アミティ」シリーズを中心に、タウンエースベースの「アレン」など、多くのライトキャブコンを手掛けている。

アルファはNV200バネットをベース車にしているが、このベース車にシェルを架装してライトキャブコンにしているモデルは他社にはなく、唯一の存在となっている。
このモデルの特徴は、NV200がボンネットを持ち、一般的な乗用車と同じような感覚で運転できることにある。シェルを架装しても全長は4900mmに留まり、コインパーキングでも問題なく駐車でき、そのうえ広い室内を確保できるからだ。しかしその一方、トラックベースではないボディをカットし、シェルを架装するのは効率的ではない。従って、同じライトキャブコンながらタウンエース/ライトエーストラックをベースにするモデルは多数存在するのに比べ、NV200バネットベースのキャブコンは他に無いのが現実となっている。

エクステリアは、シェルを架装しても車高は高くなっておらず、バンクのないスマートなシルエットを持つ。車幅は1942mmでオリジナルのボディより多少大きくなり、ハイエースワイドボディよりも広いので、後部の車幅に気を付ける必要はある。しかし重心の低いシルエットは動力性能にも貢献している。

インテリアは、「HIKARI」と「SHIFUKU」と名付けられた2種類から選択できる。今回の展示車は「HIKARI」。「アミティ」シリーズにも使われている白木ベースの家具とライトグレーのシート生地の組み合わせだ。従来のアルファは、やはり木目だったが濃い色で、シートはピンク系だった。いずれにしてもセンスの良い、明るい室内に仕上がっている。

 リアエントランスで前部は広いダイネットになっている

レイアウトTYPE1TYPE2の2種類が用意されている。どちらもリアエントランスを採用しているため、前部に広いダイネットが取れるが、TYPE1は2列目にマルチモードシートを配置し、前向き着座ができるようになっている。二人以上で利用する場合や、チャイルドシートを取り付ける必要がある場合は、TYPE1が便利。一方今回紹介するTYPE2は横座り対座のロングシート形式で、二人旅専用のレイアウトだ。後部はギャレーとユーティリティールームが配置されている。ライトキャブコンだが、天井高も高く圧迫感のない室内になっている。なお、キャブ上にはバンクベッドらしきものがあるが、これは収納スペース。子供でも就寝は難しいだろう。しかしそれなりの広さがあるので、寝具などかさばる荷物を収納しておくのに大変便利だ。

ダイネットは横座り対座のロングシートで、二の字型にシートが配置されている。二人で寛ぐには十分な広さだ。ただ、折角のロングシートなので、ソファの長さ方向に足を伸ばしてリクライニングできるような提案があればなお良かっただろう。
ダイネットは長時間寛ぐ場なので、ただ座るだけでなく、どのように寛ぐかが重要なポイントになる。

 ダイネットから後部を見る。最後部にギャレー、その左はユーティリティールーム

ベッドはダイネットを展開してセットする。ロングシートなので、ベッド展開はマルチモードシートほど労力を必要としない。ただテーブルを取り外すのが面倒だ。もちろん、テーブルに乗っているものも片付ける必要がある。
結局「常設ベッド」状態で使うユーザーも多いだろう。実際その方が楽だし、ベッド下は収納スペースになるというメリットもある。
車幅が1942mmあるので、ベッド幅も二人で就寝するなら十分広い。

ギャレーは、リアエントランスのレイアウトのセオリー通り最後部に位置する。リアエントランスの場合、ギャレーは最後部に奥行きの薄いコンパクトなものが設置されているモデルが多いが、アルファでは大きめのシンクがビルトインされている。皿や小さめの鍋なら洗うことができるだろう。
残念ながら、コンロまではビルトインできなかったようで、火を使って調理する場合は卓上式のカセットガスコンロをセットする必要がある。エントランスを入って左側に広い調理台があるので、ここにコンロをセットすれば安全だ。

 大きめのシンクがビルトインされたギャレー

冷蔵庫は49リッターのものが標準装備される。二人旅なら十分な容量だろう。もちろん製氷もできる。
また冷蔵庫の上に電子レンジ(オプション)の収納スペースも用意されており、簡単な調理に便利だ。

ユーティリティールームはコーナーをうまく利用して設置されている。旧モデルではドアがラウンドしていたが、新型は平面になった。
カセットトイレが設置できるかは記述が無いが、恐らく可能だろう。もちろんポータブルトイレを置くこともできる。トイレルームとしても十分使える広さだ。
防水処理がされているが、温水シャワーは想定されていない。
なお、車外から出し入れできるドアも付いているので、濡れたものや長物も入れることができる。

 防水処理されたユーティリティールーム。黒い枠のドアは外部からアクセス用

収納は、ダイネットの上とギャレーの上のオーバーヘッド収納が用意されている。奥行きはあまり深くないので大きな荷物は入らないが、タオルなどを入れるには十分だろう。
その他、冷蔵庫の下やギャレーの下にも収納スペースが用意されている。しかしいずれにしてもバッグなど大きめの荷物を収納しておけるスペースは無い。ユーティリティールームを収納庫にするか、常時ベッド状態にして、ベッド下に収納スペースを設ける必要がある。

空調はFFヒーターがオプション設定されているが、冷房のソリューションは無い。もっとも、「アミティ」にも搭載は想定されていないので、アルファに搭載される可能性は少ないだろう。しかし年々暑くなる日本の夏には、ライトキャブコンでも家庭用エアコンなど冷房のソリューションが今後求められるだろう。

電装系は、105Ahのサブバッテリーが1個標準装備される。バッテリーが追加できるかは不明だが、キャブコンなので比較的可能性は高いだろう。また外部100V入力は標準装備されるが、充電機能はオプション。なお、インバーターの記載は無いが、電子レンジを搭載する場合は、1500W以上のインバーターも同時に搭載する必要がある。

価格はTYPE1、TYPE2とも398万円~(2WD/4AT:税別)。ボンゴベースのアミティは383万円(同)、ライトエースベースのアレンは380万円(同)と同じような価格なので迷うところかもしれなが、後者2モデルに対しアルファの強みは、より乗用車感覚で運転できることだ。


 

モデル アルファType2
ビルダー エートゥーゼット
ベース車 NV200バネット
形態 キャブコンバージョン
ルーフ架装 -
ナンバー区分 8
乗車人数 6
就寝人数 2
ダイネット形態 二の字型ロングソファ
ベッド形態 ダイネット展開フロアベッド
コンロ ○(卓上型カセットタイプ)
シンク
給水タンク ○(10L)
排水タンク ○(10L)
冷蔵庫 ○(49L)
電子レンジ OP
ユーティリティールーム
ポータブルトイレ OP
カセットトイレ OP?
温水シャワー設備 -
ルーフベンチレーター OP
サンルーフ -
FFヒーター OP
ルームエアコン -
サブバッテリー ○(105Ah x1)
バッテリー増設 ?
走行充電システム
外部100V入力/充電 ○/OP
インバーター OP?
発電機 -
ソーラーシステム OP?
全長(mm) 4,900
全幅(mm) 1,942
全高(mm) 2,300
価格 398万円~(2WD/4AT)

2019年8月現在  (○は標準装備/OPはオプション)
価格は千円台切り上げ(税別)

動画はこちら

2019.8.28