NV200バネットベースのポップアップ&ハイルーフバンコン(4/5)



リゾート・デュオ ユーロ NV200 ステージ21  ⇨ 詳しい記事はこちら


stage21は軽キャンパーとコンパクトキャンパーをメインにラインアップしており、「リゾートデュオ」のブランドで展開している。NV200バネットベースのバンコンは「リゾートデュオ エヴァリア」とこの「リゾートデュオ ユーロ」があり、リゾートデュオ ユーロがポップアップルーフを持つモデル。


レイアウトは、右サイドの横座りロングソファと、これに向き合った左サイドのギャレーコンソールで構成される二人旅仕様。ロングソファはポップ・コンeEのようなスイング方式ではないが、比較的楽にベッド展開できる。こうしてできたフロアベッドは幅が1000mmで、実質的には1名が就寝できる。
リゾートデュオ ユーロの特長は、その充実した標準装備。FFヒーター、電子レンジ、105Ahサブバッテリー、走行充電はもちろん外部100V入力/充電、1500Wインバーター、180Wソーラーシステム、15インチフリップダウンモニター、そして同社オリジナルの簡易クーラー「冷え蔵X」までもが標準装備される。なお、14Lポータブル冷蔵庫はオプション。
収納は小物収納が無いのが不便だが、シート下は全面が収納スペースになっており、バッグなども収納できる。
標準装備が充実している分高価になるが、フル装備を望むユーザーにはむしろ安価だ。前向き着座ができないが、5名が乗車できる。日常使用には多少不便だが、電子レンジまで装備されており、二人での長期旅にも対応できる。


RIW200-ER アネックス  ⇨ 詳しい記事はこちら


「RIW(リュウ)」ブランドは、アネックスの中でも独立したブランドとして扱われており、アウトドアを前面に打ち出したイメージのブランドとしている。現在RIWブランドにはNV350キャラバン標準ボディを使用した「RIW350」と、NV200バネットバンベースの「RIW200」の2モデルがあり、RIW200にはノーマルルーフのRIW200とポップアップルーフを持つRIW200-ERがある。


RIW200-ERは2列目に3人掛けのマルチモードシートを配置、5名が前向き乗車してドライブできる。また標準装備で運転席、助手席が回転して後ろ向きになり、2列目シートと対座してダイネットになる。従って、ダイネットは広々としており、大きなテーブルも用意されている。
ポップアップルーフは広い開口部を持ち、ダイネットの上は開放感がある。
2列目シートをフラットにするとベッドになり、大人2名が就寝できる。ルーフベッドでも2名が就寝できるので、ファミリーにも対応できる。
ギャレーは、右サイドに広く取られており、1口ガスコンロが一体になった大きめの丸形シンクがビルトインされている。また40リッター上蓋式の冷蔵庫も標準でビルトインされる。なお電子レンジの設定は無い。
RIW200-ERは、車内と車外をシームレスに使うというコンセプトで、車内は土足にも対応できる床材が使われている。また車外用のテーブルや椅子も用意されており、他とはコンセプトが異なるモデルだ。オートキャンプ場のサイトに乗り付けて、車内と車外を使ったキャンプといった使い方が想定される。


アンナ エートゥーゼット  ⇨ 詳しい記事はこちら


エートゥゼットはボンゴ、NV200バネットベースのキャブコンから、カムロードベースのスタンダードキャブコンまで、キャブコンを主に展開するビルダーだが、アンナは同社で唯一のバンコンモデル。しかし、ハードハイルーフを架装し、天井高が1670mmのオリジナリティーを持ったモデルになっている。


レイアウトは2列目にマルチモードシートを配置し、後部は横座りのベンチシートと、これに対面するギャレーコンソールで構成される。
ベッドはダイネットを展開するフロアベッドのみで、ルーフベッドは無く二人旅仕様。フロアベッドは1960×1200mmだが、足元はギャレーコンソールが出っ張っているため、多少窮屈かもしれない。
ギャレーは、大きめの丸形シンクとシャワーフォーセットがビルトインされており、シャワーフォーセットは車外でも使用できる。
14Lのポータブル冷蔵庫が収納できるスペースがギャレーコンソールに用意されているが、冷蔵庫自体はオプション。電子レンジは設定されていない。
収納はハイルーフを生かして、左右両側と前方にオーバーヘッド収納が設置されている。マルチモードシートを持ち、前向き着座ができるのでファミリー用途に見えるが、2名しか就寝できないので、実際は二人旅仕様。ならば固定のL字型ソファでも良いように思えるが、マルチモードシートは日常使用でミニバンと同じように使うのが目的だ。ただハイルーフなので高さ制限のある駐車場にはほとんど入れない。


⇦ 前のページ 次のページ ⇨

           
           

2019.11.2