1-1 キャンピングカーが売れている


キャンピングカーが売れています。
少し前のデータですが、2018年度のキャンピングカー新車販売金額は458億円を超え、年々伸びています。今時右肩上がりの有望なマーケットです。


旅やレジャーの多様化

従来、旅行といえば、スケジュールを立てて、ホテルや旅館を予約するのが当たり前でした。まさか、駅や道路で寝るわけにもいかないので、宿泊場所の確保は必然だったからです。

しかし、これには数週間前から予約が必要ですし、予定の変更は大変です。計画的な休暇や長期の休暇が取り難い労働環境では、数か月、数週間先の予約を入れられないという事情もありました。
更に、最近はペットと旅行に行きたいという需要も増えていますが、ペット同伴で宿泊できる施設はまだまだ十分とは言えません。

キャンピングカー人口の増加

キャンピングカーが売れているもう一つの要因は、リタイアして余暇のある人が増えていること。団塊世代のリタイアをはじめ、今後この人口は急激に伸びていきます。この人々の余暇の過ごし方の一つとして、くるま旅が注目されています。

十分な時間を利用して、遠方への気ままな長期旅をするには、キャンピングカーは最適です。このようなユーザー層は、より高級車を購入する資金力があり、実際輸入車をはじめとする高級車の販売は好調なようです。

日常使用できるキャンピングカー

家族でのレジャーにも変化が生じています。子供との時間をいかに安価に楽しむか、を考えた場合、近場に出かけて車中泊という方法がクローズアップされています。
車中泊となると、乗用車では狭すぎるので、ミニバンやハイエースレベルのワンボックスに簡易ベッドを搭載したキャンピングカーが注目されています。
日常は通常のミニバンとして、休日はキャンピングカーとして使用するという使い方がクローズアップされているのです。

このように、多様化した旅やレジャーにあって、キャンピングカーは有力な選択肢であり、今後も認知度を上げていくことが予想されます。
キャンピングカー先進国の欧米と比べると、まだまだ足元にも及ばない日本ですが、今後リタイア後や休暇の過ごし方が欧米レベルに成熟するに伴い、キャンピングカーも一般的になっていくと思われます。



前の記事 ⇧ 目次 次の記事