TWINS4(ツインズフォー) オーエムシー


Twins4(ツインズフォー)オーエムシーが製作する、NV350キャラバンワイドスーパーロングをベース車にするバン・コンバージョンのキャンピングカー。

Twins4(ツインズフォー)はオーエムシーが製作する、NV350キャラバンワイドスーパーロングをベース車にするバン・コンバージョンのキャンピングカー。

エクステリアは特に架装は無く、見た目はノーマルのキャラバンと変わらない。
従って、キャンピングカーとして目立つことはないので、日常使用にも使用できる。
ただ、全長が5,380mmと長いので、スーパーマーケットなどでの取り回しは苦労する場合がある。

レイアウトは前部にダイネット、後部に常設2段ベッド、中央にギャレーとトイレルームを配置する。
同社には、やはりスーパーロングベースのツインズエースがあるが、ツインズフォーはこれに常設2段ベッドとユーティリティールームを追加したコンセプトとなっている。


ダイネットは、2列目にマルチモードシート(FASP)を使用し、後ろ向きにして3列目の前向き固定シートとでテーブルを囲む対座ダイネットを形成する。
もちろん前向きにすると、前向き着座してドライブできる。運転席、助手席と合わせて5名が前向き着座できるので、ファミリーでの長距離ドライブも安全かつ快適にできる。

ベッドは後部に横置き2段ベッドが常設されている。ただし大きさは上段が1680x850mm、下段が1730x670mmで、どちらも身長方向1800mmの大人用の規定値には達していない。
従って2列目と3列目のシートをフラットにしたフロアベッドがメインベッドで、こちらで大人2名が就寝できる。
即ち、後部2段ベッドは子供用なので、子供がいるファミリーに向けたレイアウトと言える。


ギャレーはシンクが埋め込まれた標準的なもので、コンロは卓上型カセットコンロをその都度セットする必要がある。
各19リッターの給排水タンクがシンク下に収納されているが、エントランスから遠いため、19リッタータンクに水を入れて出し入れするのは多少面倒だ。
水を使うのなら、エントランスに近い収納部に10リッターの給排水タンクを収納する方が楽だろう。
また40リッターの冷蔵庫が標準装備されているが、電子レンジはオプション。


ユーティリティールームには、ポータブルトイレが標準装備されており、トイレルームとして使える。小さい子供がいることが前提のレイアウトなので、トイレが車内にあると安心できる。


収納はギャレー上部にオーバーヘッド収納と、ギャレーコンソールの収納があるが、いずれも大きな荷物は収納できない。
後部の下段ベッド下は多少大きな荷物も積めそうだが、もう少しベッドが高いと収納力が大きくなるのだが。
後部ベッドは子供が寝ると仮定すると、ヘッドクリアランスは多少犠牲にしても良いように思われる。必要に応じて相談するとよいだろう。

空調はFFヒーターがオプション設定されているが、エアコンの設定は無い。

電装系は105Ahのディープサイクルサブバッテリーが1個標準装備され、走行充電と外部100V入力/充電も標準装備される。
外部充電機能はほぼ必需品なので、同社のモデルにほぼすべて標準装備されているのは特筆できる。

ツインズフォーはワイドスーパーロングベースなので、日常使用には多少扱いにくい面があるが、ファミリーでのクルマ旅にはお勧めできる1台だ。特に小学生程度の小さな子供 がいるファミリーには最適なレイアウトと言える。

ワイドスーパーロングベースのモデルは数多くあり、ハイエースに比べて数が少ないNV350キャラバンベースでも選択肢は多い。
価格的には300万円台後半から600万円台まで多種多様にあるが、ツインズフォーの482万円~(税別)は中心価格帯に位置する。

ただしスーパーロングベースで横置き2段ベッドを持つモデルは少なく、ツインズフォーと同様のレイアウトを持つモデルはトイファクトリーのGT(記事はこちら)や日産ピーズフィールドクラフトのクラフトキャンパーGT、MYSミスティックのウインピュアシェルラがあるが、いずれも500万円を超える価格帯となっている。

モデル ツインズフォー
ビルダー オーエムシー
ベース車 NV350キャラバン
形態 バン・コンバージョン
ルーフ架装 -
ナンバー区分 8
乗車人数 5
就寝人数 2+2(小)
ダイネット形態 対座
ベッド形態 ダイネット展開フロアベッド
子供用常設2段ベッド
コンロ ○(卓上型カセットタイプ)
シンク
給水タンク ○(19L)
排水タンク ○(19L)
冷蔵庫 ○(40L)
電子レンジ OP
ユーティリティールーム
ポータブルトイレ
カセットトイレ -
温水シャワー設備 -
ルーフベンチレーター -
サンルーフ -
FFヒーター OP
ルームエアコン -
サブバッテリー ○(105Ah x1)
バッテリー増設 -
走行充電システム
外部100V入力/充電
インバーター OP
発電機 -
ソーラーシステム -
全長(mm) 5,380
全幅(mm) 1,880
全高(mm) 2,380
価格 482万円~(2WD/6AT)

2019年2月現在  (○は標準装備/OPはオプション)
価格は千円台切り上げ(税別)

ツインズフォーの動画はこちら

2019.2.4