テントむしFタイプ バンショップミカミ


テントむしはバンショップミカミが製作する軽キャブコン。
テントむしといえば、そのカラフルなカラーバリエーションとポップップルーフによる広い室内で、現在の軽キャンパーに大きな影響を及ばした。
2015年のジャパンキャンピングカーショーでお目見えした6WDテントむしも大きな話題になった。

テントむしは現在では、ダイハツハイゼットとマツダスクラムをベース車に選択でき、レイアウトも対座ダイネットを持つFタイプと、L字型ソファのSタイプの2種類が選べる。
オリジナルのコンセプトから変わらず、ポップアップルーフを標準装備しており、停泊時は高い天井で、ストレスの少ない室内になっている。

今回紹介するFタイプは2列目シートにマルチモードシートを採用し、前向きに着座してドライブすることができる。
また、後ろ向きにすると、テーブルを挟んでダイネットを形成し、4名が団欒できる。


ベッドはポップアップルーフを上げた状態でベッドボードをセットするとルーフベッドになり、ここで2名、またシートをフルフラットにするとフロアベッドになりここでも2名就寝できるので、計4名就寝することができる。
即ちファミリーで使用する事ができる。


ギャレーは左後部にあり、コンパクトなギャレーコンソールに小さめのシンクと上蓋式の18リッター冷蔵庫がビルトインされる。
シンクはコンパクトなもので、マグカップや小皿を洗うような使い方になるが、それでもちょっと手を洗ったりするには便利だ。
下には10リッターの給水タンクが収納されているが、排水タンクは無い。

電子レンジはオプションだが、ギャレーコンソール上部にすっきり収納できる。
また、インバーターはこのクラスにしては珍しく、1500Wの大容量のものが標準装備される。
従って、サブバッテリーで電子レンジを動作させることも可能。
ただし、標準装備のインバーターは正弦波対応ではないので、パソコンなどを使う場合はオプションの正弦波インバーターを選択する必要がある。


電装系は、サブバッテリー1個が標準装備される。
大きな電力を必要とする家電品は電子レンジ以外には無いので、サブバッテリーは1個だけでも問題ないだろう。
サブバッテリーの充電は走行充電と外部100V入力で可能。
また、オプションで100Wのソーラーシステムを装備することも可能だ。

テントむしFタイプは、軽キャンパーながら、ポップアップルーフ付きのシェルで快適に過ごすことができる。
もちろん、軽キャンパーという制約上、余裕のある広さは望めないが、ファミリーが過ごすことができる軽キャンパーとしては理想に近い。
小さい子供連れで、休日に遠出のドライブ+車中泊を楽しむのにお勧めの1台である。

モデル テントむしFタイプ
ビルダー バンショップミカミ
ルーフ架装 ポップアップルーフ
ナンバー区分 軽8
乗車人数 4
就寝人数 4
ベース車 ハイゼット
ダイネット形態 対座
ベッド形態 ダイネット展開
+ルーフベッド
サブバッテリー
バッテリー増設 -
走行充電システム
外部100V入力/充電
インバーター
大容量インバーター ○(1500W)
ルーフベンチレーター -
サンルーフ -
コンロ ○(卓上型カセットタイプ)
シンク
給水タンク ○(10L)
排水タンク ○(10L)
冷蔵庫 ○(18L)
電子レンジ OP
ユーティリティールーム -
ポータブルトイレ -
カセットトイレ -
カーテン/ブラインド OP
FFヒーター OP
ルームエアコン -
シャワー設備 -
温水装置 -
発電機 -
ウインドウ架装 -
アクリルウインドウ -
サイドオーニング -
ソーラーシステム OP
全長(mm) 3,390
全幅(mm) 1,470
全高(mm) 1,980
価格 285万円~(2WD/4AT)

2017年2月現在  (○は標準装備/OPはオプション)
価格は千円台切り上げ(税別)

テントむしFタイプの動画はこちら

2017.2.14