スペースキャンパーCOOL:キャンピングカー長野


スペースキャンパーCOOLは、キャンピングカー長野が製作する、ハイエースワイドロングワゴンを使用したバンコンキャンピングカー。
同社は、ハイエースベースのバンコンを中心に、車中泊車やワンオフも手掛けているので自由度の高いビルダーだ。

スペースキャンパー」は同社のバンコンのシリーズブランドで、特にハイエースでは小さなポップアップルーフが特徴となっている。スペースキャンパーCOOLはその中の一台で、名前の通りウインドウクーラーを標準装備した仕様になっている。

 スペースキャンパーCOOLのインテリア

コンセプト:ハイエースワイドロングワゴンを使用し、コインパーキングにも駐車できるサイズながら、ワイドボディで最大限のスペースを確保。機動性と車内空間を併せ持つ。レイアウトは二人がゆったりくつろげる完全二人旅仕様で、エアコンを標準装備することにより、快適性も追求している。更に標準装備が充実しているのも魅力。

エクステリア:ワゴンGLを使用。バンのスーパーGLでも可能。外観は一見すると通常のハイエースと変わらないが、ルーフのポップアップルーフと、エアコンの室外機は通常のハイエースではないことを物語っている。
なお、衝突回避パッケージ(Toyota Safety Sense)が装備される。

インテリア:展示車は、派手さは無いがナチュラルトーンでまとめた落ち着きのある空間に仕上がっている。自由度の高いビルダーなので内装色や材質は変更できるだろう。

 後部から見た室内

レイアウト:前部にギャレー、後部は広いダイネットに充てられており、窮屈感を感じない。前部にギャレーを集約することにより、冷蔵庫や電子レンジなどを標準装備し、二人での長期間のクルマ旅にも対応できる。
さて、なぜこんなに小さなポップアップウインドウ?と思われるかもしれないが、これは8ナンバー要件の、ギャレー前の高さを確保するためのもの。もちろん換気もできる。
大きなポップアップルーフだともっと開放感が得られるが、当然コスト的に高くなる。フロントにギャレーがある場合、コストを抑えて8ナンバー登録をするにはこの方法が最適なのだ。

 コの字型ダイネット

ダイネット:フロントギャレーが成立したおかげで、後部に広いダイネットを確保している。このダイネットの特徴は、後部のリクライニング。背もたれの置き方を変えるだけで角度が変えられる。
ダイネットは行儀よく座っているだけの場所ではなく、長時間寛ぐ場所でもある。お洒落なダイネットを持つモデルは多くあるが、寛ぎ方まで考えているモデルはあまりない。

ベッド:ダイネットの隙間を背もたれで埋めるだけで、ベッドが完成する。就寝前の作業が必要だが、最小限の労力で済む。家具類が無いのでベッド形状に無駄がなく、2名ならゆったり就寝することができる。

 冷蔵庫、電子レンジ標準装備のギャレー

ギャレー:フロントにあるギャレーコンソールには、大きめの丸形シンクがビルトインされている。コンロは標準装備ではなく、8ナンバー登録に必要な調理器具は電子レンジを標準装備している。

冷蔵庫/電子レンジ:冷蔵庫は15Lの上蓋式。製氷もできるが、冷蔵と冷凍は同時にできない。横開き式冷蔵庫が希望なら、オーダーすることも可能だろう。
電子レンジは、12Vではなく100V仕様の家庭用のもの。リチウムイオンバッテリー標準装備なので電力を心配する必要なく使える。

収納:ギャレーコンソールに引き出し収納があり、小さな食器の収納に便利。またシート下は長物も収納できる収納スペースとなっている。シートが分割されているので、上部からのアクセスもしやすい。
エントランス横にはシューズボックスとしても使用できる収納ボックスを設置している。更に後部ベッド下は広い収納スペースとして使え、大きめのバッグなども十分収納できる。

 COOL仕様に標準装備されるウインドウクーラー

空調:暖房はFFヒーター、冷房は一体型ウインドウクーラーを標準装備。FFヒーターは高額装備なので、標準装備されているのは嬉しい。
更にクーラーの標準装備はこのモデルの最大の特長で、リチウムイオンバッテリーと相まって、実用的に使用することができる。
あえて難点を言うと、使用時は車外に出て室外側の扉を開けなければならないこと。雨の日にはちょっと億劫だ。しかし暑さを凌げるのだから、これくらいは仕方ないだろう。もう一つ、隣のクルマには注意する必要がある。クーラーを使い場合は、できれば一番端に止めるよう心掛けたい。

 ウインドウクーラーの室外側

テレビ/ナビ:10型ナビが標準装備される。更に運転席後部のルーフに取り付ける15.6型フリップダウンモニターも標準装備される。

電装系:125Ahのリチウムイオンバッテリーが2個、即ち250Ahのバッテリー容量を持つ。これはよく使われている105Ahのディープサイクルバッテリーの4個分程度の実質容量があり、しかも経年変化に強い。
クーラーの消費電力が不明だが、クーラーだけを使うとすると5~6時間は運転できるだろう。
走行充電はもちろん、外部100V入力と、これによるサブバッテリー充電、計200Wのソーラーシステム、1500Wインバーターなど全てが標準装備。電装系と空調は完璧と言える。

 フリップダウンモニターも表意準装備

価格:2WD/6ATで560万円~(税別)。高価な装備はほぼ標準なので、大きな金額アップにはならない。これだけの標準装備が付いているので高価ではあるが、標準装備品は皆実用性の高いものばかりなので、納得感はある。
ちなみにスペースキャンパーでCOOL仕様でないバージョンは488万円~(同)。従ってエアコンは72万円(同)ということになるが、これにはリチウムイオンバッテリーや対応走行充電も含まれている。

他車:ハイエースワイドロングワゴンを使用した二人仕様のバンコンモデルは20モデルほど存在し、価格はノーマルルーフで350万円~500万円(同)。スペースキャンパーはCOOL仕様でなくても488万円~なので高価な部類に入るが、FFヒーターや外部電源/充電、1500Wインバーター、冷蔵庫、電子レンジ、100Wソーラーシステムなどが標準装備されることを考えると、特に高価ということはない。

まとめ:前述の通り、スペースキャンパーCOOLのアドバンテージはクーラーが標準装備されていることで、ハイエースワイドロングワゴンではクーラーが付くモデルは他にない。
エアコンを装備できるハイエースワイドロングワゴンモデルとなると、スペースキャンパーCOOL一択となる。

関連記事

リコルソ

リラックスワゴン インフィニティ

ヴォーノ

     



モデル スペースキャンパーCOOL
ビルダー キャンピングカー長野
一般  
ナンバー区分 8
乗車人数 6
前向き乗車人数 2
就寝人数 3
ベース車 ハイエースワイドワゴンGL
ルーフ架装 ミニポップアップルーフ
レイアウト  
ダイネット形態 横座り対座
マルチモードシート -
ベッド
ダイネット展開
常設ベッド -
ギャレー  
コンロ -
シンク
給水タンク ○(10L)
排水タンク ○(10L)
冷蔵庫/設置スペース ○(上蓋式15L)/○
電子レンジ/設置スペース ○/○
空調  
ベンチレーター
FFヒーター
冷房設備 ○(一体型クーラー)
電装系  
サブバッテリー ○(リチウムイオン x2)
バッテリー増設 -
走行充電システム
外部100V入力/充電 ○/○
インバーター ○(1500W)
ソーラーシステム ○(100W x2)
発電機 -
ナビ/テレビ  
ナビシステム
テレビ ○(10インチ)
サイズ  
全長(mm) 4,840
全幅(mm) 1,980
全高(mm) 2,250
価格 (税別)  
2WD/6AT 560万円~

2019年4月現在  (○は標準装備/OPはオプション)
価格は千円台切り上げ(税別)

動画はこちら

2020.4.25