Saphir465TG FENDT(フェント)


FENDT(フェント)CARAVANはドイツの大手トラベルトレーラービルダー。日本へはトイファクトリーのユーロトイ事業部が輸入、販売を行っている。

フェントのラインアップは最上級のDIAMONDまで6シリーズから構成されており、今回取り上げSAPHIR(サファイア)はベーシックモデルの位置付け。
サファイアには、レイアウトの違いで全6モデルあり、今回取り上げたSAPHIR465 TGは全長7,050mmで、前部にツインベッドを持つレイアウト。

後部にはコの字型ダイネットがあり、で4名程度ならゆったり座ってテーブルを囲むことができる。これは展開してダブルベッドとして使用できる。従って、就寝可能人数は4名で、ファミリーでも使用できる。ベッドにした時のサイズは1270 x 2100mm。


前部のベッドルームはツインベッド仕様で、それぞれ800x2000mmの大きさ。家庭用のシングルベッドの標準幅が980mmなので、これに比べると少し窮屈かもしれない。
上には大きなサンルーフが設けられている。


レイアウトには他に、ギャレーとサニタリールームが設置されている。
ギャレーは3口コンロとシンクが一体になったコンビネーションタイプ。このギャレーの特徴は、コンロの前に調理用のスペースが設けてあり、料理しやすいこと。今までの欧州モデルは、充実したキッチンを持つものが多かったが、調理スペースまで考えられているものは少なかった。
冷蔵庫は105リッターのものが標準でビルトインされている。
なお、電子レンジは、オプション設定されていない。


サニタリールームは、欧州車全般に言えるように、お洒落なインテリアとなっている。カセットトイレと独立した手洗いが完備されているが、欧州モデルには珍しく温水シャワーはオプション。また、シャワー使用時に便器や手洗いをカーテンで仕切る仕掛けがなく、シャワーで便器やシンクが濡れてしまう。オプション設置時に追加されるのかもしれない。


収納は、ダイネットの上部3面、ベッドルーム上2面、ギャレー上、そしてサニタリールームの上にもオーバーヘッド収納が装備されていて、大きな収容力を持つ。
ギャレーコンソールにも引き出し収納が充実しており、食器の収納に便利だ。

電装系は100Ahのサブバッテリーが1個標準装備されるが、テレビなどの家電品を使うなら、もう1個追加するのが良いだろう。
なお、インバーター搭載されておらず、オプション設定もされていないが、付けられないことはないだろう。

空調はFFガスヒーターが装備されているが、家庭用エアコンなどの冷房系は用意されていない。

欧州車なので、バッテリーでのエネルギー供給ではなく、外部電源かガスボンベによるエネルギー供給が中心になる。この辺りは国産車と勝手が違うので、注意すべきだ。

価格は406万円(税別)だが、このサイズのトレーラーでは高価な方だ。アドリアよりも、ホビーに近い価格付けと言える。


モデル SAPHIR465 TG
ビルダー FENDT
ベース車 -
形態 トラベルトレーラー
ルーフ架装 -
ナンバー区分 8
乗車人数 -
就寝人数 4
ダイネット形態 コの字型ソファ
ベッド形態 ツインベッド
ダイネット展開ダブルベッド
コンロ ○(3口コンロ)
シンク ○(コンビネーションタイプ)
給水タンク ○(45L)
排水タンク ○(20L)
冷蔵庫 ○(105L)
電子レンジ -
サニタリールーム
ポータブルトイレ -
カセットトイレ
温水シャワー設備 OP
ルーフベンチレーター
サンルーフ
FFヒーター
ルームエアコン -
サブバッテリー ○(100Ah x1)
バッテリー増設 -
走行充電システム
外部100V入力/充電
インバーター OP
発電機 -
ソーラーシステム -
全長(mm) 7,050
全幅(mm) 2,320
全高(mm) 2,630
価格 406万円~(2WD/6AT)

2018年7月現在  (○は標準装備/OPはオプション)
価格は千円台切り上げ(税別)

SAPHIR465 TGの動画はこちら

2018.12.13