オーロラ エクスクルーシブ ナロー:ケイワークス


オーロラ エクスクルーシブはジャパンキャンピングカーショー2020で発表された、ケイワークスが製作する、ハイエースベースのバンコン。ナローはハイエース標準ボディを使用し、ポップアップルーフを架装する。同社はオーロラスタークルーズシリーズなど多くのバンコンをラインアップするが、オーロラ エクスクルーシブは旗艦モデルに位置付けられている。なお、ワイドロングボディも選択できる。

 2列目にREVOシートを配置したレイアウト

コンセプト:ハイエース標準ボディベースなので取り回しが良く、ポップアップルーフを架装すると圧迫感の少ない室内を実現。またオーロラシリーズのフラグシップの位置付けで、冷蔵庫や電子レンジ、ソーラーシステムやクーラーも標準装備する。同社が進めるリチウムイオンバッテリーも標準装備され余裕の電力量を確保している。

エクステリア:ハイエース標準ボディにポップアップルーフを架装。ポップアップルーフを下ろすと外観は通常のハイエースと同じで、高さ制限のある駐車場にも入れるため、ファーストカーとして日常使用もできる。

 後部から見た室内

インテリア:家具の天板には天然木の無垢材を使用。「ウォールナットのヴィンテージ感を徹底的に再現し、木のぬくもりを感じるこだわりのインテリア」としている。その触れ込み通り、見るからに高い質感を持っている。

レイアウト:2列目に3人掛けREVOシートを配置。前向きにして5名が前向き乗車できるほか、後ろ向きにして対座ダイネットを形成する。最後部にはギャレーとエアコンを配置する。ダイネット展開ベッドとルーフベッドで4名が就寝できるのでファミリーにも対応する。前後の移動がスムースな二人仕様レイアウトも期待したい。

 高い天井高で圧迫感の少ないダイネット

ダイネット:2列目シートを後ろ向きにすると、3列目の簡易シートとで対座ダイネットを形成する。コンパクトなテーブルも用意されており簡単な食事もできる。3列目は簡易シートだが2名が着座でき、5名でテーブルを囲むことができる。

 ダイネット展開したベッド

ベッド:2列目シートをフラットにするとダイネットベッドになり、ここで大人2名が就寝できる。また、ポップアップルーフを上げたルーフベッドで2名が就寝できるので、計4名が就寝できる。

 1口コンロ一体型シンクがビルトインされたギャレー

ギャレー:後部左側に1口コンロ一体型のシンクがビルトインされている。特に大きなシンクではないが、小さめの食器やカップなら洗うことができる。また、1口コンロが常設されており、ポータブルコンロのようにいちいちセットする必要がない。

冷蔵庫/電子レンジ:ギャレーコンソールには49Lの横開き式冷蔵庫と電子レンジが標準で収納されている。更に引き出し収納も用意されており、箸やスプーンなど小さな食器を収納できる。ハイエース標準ボディで限られたスペースだが、充実したギャレーとなっている。
給排水タンクは3列目シートの横に収納されており、取り出す場合はシートを外す必要があるのが多少面倒ではある。

収納:オーバーヘッド収納は物理的に設置が厳しいため、収納スペースがもう少し欲しいところ。大きめのバッグなどは3列目シート下やギャレー前に置いておき、停泊時は運転席や助手席に移動することになる。
なお、ギャレーコンソールには引き出し収納が用意されており、小さな食器の収納に便利。

 右側の白いものがエアコン

空調:FFヒーターがオプションで用意されている。また冷暖房ができる国産(TOYOTOMI製)エアコンが標準装備されている。排気ダクトや排水口は車外に出されているとのこと。標準ボディにエアコンが装備されるのは画期的だが、存在感があり過ぎるし、折角のインテリアから浮いているのが残念なところ。このエアコンには暖房機能もあるが、効率面から考えるとFFヒーターをオプションで装着することをお勧めする。

テレビ/ナビ:ナビがオプション設定されている。テレビのオプション設置は記述がないが柔軟に取り付けることは可能だろう。

 オリジナルのリチウムイオンバッテリー「Mevius」

電装系:「Mevius」と名付けられた同社オリジナルの100Ahリチウムイオンバッテリーを3個標準装備。即ち300Ahで、これは実質的にディープサイクルバッテリーの5個程度に相当する。ハイエース標準ボディバンコンとしては類を見ない大容量だ。
しかも経年変化が少ないので、長期間この容量が期待できる。エアコンは10時間以上稼働できるとしている。
加えて270Wのソーラーシステムも標準装備しており、電装系に関してはこれ以上ない充実ぶり。
なお同社はいち早くリチウムイオン化を進め、全車に搭載している先進のビルダーだ。

価格:2WD/6ATで634万円~(税別)。ほとんどの装備が標準で付いているので、オプションで付けるべきはFFヒーターくらい。ちなみにワイドボディは640万円~。価格的にあまり差が無いので、駐車スペースの問題が無ければワイドボディを選んだ方が室内の広さは有利。

他車:ハイエース標準ボディ標準ルーフでポップアップルーフを持つモデルは以下のようなものがある。

ツェルトCP 東和モータース 477万円~ 
マヨルカ バンテック 460万円~(レビュー記事
ディアリオポップ バンレボ  593万円~(NV350バージョンレビュー記事
コンパス ビッツ ホワイトハウス 450万円~(レビュー記事
ホビクル レクビィ 367万円~(レビュー記事

ツェルトCP、マヨルカ、コンパスビッツは7名が前向き乗車できる。ディアリオ Type1とホビクルは5名乗車で、ホビクルはポップアップルーフがオプションで上記価格には含まれていない。

まとめ:オーロラ エクスクルーシブの特徴は、天然木を使用した高級感あるインテリアと、エアコンや300Ahのリチウムイオンバッテリー、1500Wインバーター、270Wソーラーシステムなど、(FFヒーターを除き)多くの高価格オプションが標準装備されていること。
価格は一見高価に見えるが、他モデルでも同じオプションを付けると同等以上の金額になる。おそらく最も高級感のあるインテリアを持つハイエース標準ボディバンコンのひとつだろう。


関連記事

プラスLV

マヨルカ   

コンパス ビッツ

     


モデル オーロラ エクスクルーシブ
ビルダー ケイワークス
一般  
ナンバー区分 8
乗車人数 5
前向き乗車人数 5
就寝人数 4
ベース車 ハイエース標準ボディ
ルーフ架装 ○(ポップアップルーフ)
レイアウト  
ダイネット形態 対座
マルチモードシート ○(2列目REVOシート)
ベッド
ダイネット展開
ルーフベッド
常設ベッド -
ギャレー  
コンロ ○(1口コンロビルトイン)
シンク
給水タンク ○(10L)
排水タンク ○(10L)
冷蔵庫/設置スペース ○(49L)/○
電子レンジ/設置スペース ○/○
空調  
ベンチレーター -
FFヒーター OP
冷房設備 ○(一体据置型エアコン)
電装系  
サブバッテリー ○(リチウム100Ah x3)
バッテリー増設 -
走行充電システム
外部100V入力/充電 ○/○
インバーター ○(1500W)
ソーラーシステム ○(270W)
発電機 -
ナビ/テレビ  
ナビシステム OP
テレビ OP
サイズ  
全長(mm) 4,695
全幅(mm) 1,695
全高(mm) 2,100
価格 (税別)  
ガソリン2WD/6AT 634万円~
ディーゼル4WD/6AT 725万円~

2020年3月現在  (○は標準装備/OPはオプション)
価格は千円台切り上げ(税別)

動画はこちら

2020.4.7