NV200バネットベースのポップアップ&ハイルーフバンコン(3/5)



フォックス ルソ プラスアップ フジカーズジャパン  ⇨ 詳しい記事はこちら 


フジカーズジャパンは輸入モーターホームから国産バンコンまで取り扱う大手総合ビルダーで、中古車販売としても有名。「FOCS:フォックス」は同社の国産キャンピングカーのブランドで、ハイエースベースのバンコンを中心に豊富なラインアップを展開する。その中でFOCSルソ プラスアップ(FOCS Luz +up)はNV200 バネットワゴンベースのバンコン。”プラスアップ”はポップアップルーフ装着車を意味し、ノーマルルーフの「FOCSルソ」も存在する。ワゴンベースなので、スライドドアのフルトリムなど、ベース車の質感が高いのも優位点。


レイアウトは、2列目にマルチモードシートを設置し、後ろ向きにして最後部のシートと向かい合って対座できる。テーブルは小さめで、多くの食器を置くことはできないが、ギャレーを持たないので、車内で食事する想定ではない。
後部両側に薄い家具を配置しているが、小物が多少収納できる程度。バッグなどの大きな荷物は、後部シートの後ろのスペースに置ける。また、後部シートや、これをベッドにした場合は、その下が収納スペースとして使える。
ベッドは家具の部分も含め1200mmの一定幅。2名で就寝することができ、家具が張り出していないので、足元が窮屈ということはない。ギャレーを持たない割り切ったコンセプトで、日常使用に使いながら、休日は車中泊を伴う近距離のドライブに適している。


ポップ・コン eE キャンピングカー広島  ⇨ 詳しい記事はこちら


キャンピングカー広島は小型バンコンを中心に製作するビルダーで、特にポップアップルーフモデルを得意としている。「ポップ・コン(POP.COM)」はNV200バネットバンベースのバンコンで、「ポップ・コン イーイー(POP.COM eE)」と「ポップ・コン キャンパーアール(POP.COM CamperR)」が選択できる。
このポップ・コン eEは二人旅仕様。横座りベンチシートと対面するギャレーコンソールで構成される。なおeEは、each and easy(クルマも装備も気軽に簡単に使える)という意味としている。


ポップ・コン eEの特徴はポップアップルーフの大きな開口部と、スイングしてワンアクションでベッド展開できるシート。ルーフ開口部は後ろ半分が全て開口され、ポップアップルーフの開放感が最大限に満喫できる。また、スイング式のシートは、文字通りワンアクションでベッドとダイネットをスイッチできる。ただしフロアベッドでは1名しか就寝できない。ルーフベッドは1880×1030mmで、ここでは2名が就寝できる。
ギャレーコンソールにはシンクとシャワーフォーセットがビルトインされ、シャワーフォーセットは引き出して車外でも使える。更に14Lのポータブル冷蔵庫の設置スペースも設けられており、冷蔵庫は標準装備される。なお、電子レンジの設定は無い。
収納はカセットガスコンロ用の収納スペースと、左側家具の最後方にも収納スペースが設けられている。またスイングシートの下にはバッグを置けるスペースも用意されている。
電装系は105Ahのサブバッテリー、走行充電、外部100V入力/充電、400Wのインバーターが標準装備されており、これも特筆できる。
5名乗車できるので日常使用もできるが、前向きには着座できない。二人旅に向いているが、長期旅には電子レンジの設定が欲しいところだ。


ポップ・コン キャンパーR キャンピングカー広島   


もう一つのポップ・コンはファミリー向けのポップ・コン Camper R。こちらは、2列目にマルチモードシートを持ち、前向きにセットすると、全部で5名が前向き乗車してドライブできる。他の多くのモデルと異なるのは、後部が横座りシートになっていることと、これに向き合うギャレーコンソールを配置するレイアウト。従ってダイネットは対座ではなくL字型になる。


ポップ・コン Camper Rの特徴は、高さが可変するギャレー。ベッド時にはギャレーコンソールが低くなり、その上にベッドマットを置くので、フロア全体がベッドになる。
ギャレーには大きめの丸形シンクがビルトインされている。ただしフォーセットはシンクに固定されているので、引き出して使うことはできない。
収納は、ロングシート下に多少スペースが用意されており、バッグなどを収納できる。またギャレー後部のシート下も収納スペースとなっている。小物収納は特に用意されていない。
冷蔵庫は14Lのポータブル冷蔵庫がオプション設定されているが、特に置き場所の用意は無い。従って、走行時はダイネットのフロアに、ダイネット時は助手席に置くなど、移動が必要となる。なお、eE同様電子レンジの設置は無い。
ポップアップルーフは広い開口部を持ち、ルーフベッドでは2名が就寝できるので、4名のファミリーにも対応できる。日常用途に使いながら、休日はファミリーで1~2泊の車中泊を伴う遠出ドライブといった使い方が向いている


⇦ 前のページ 次のページ ⇨

           
           

2019.11.2